ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

鈴木愛が“藍越え”に前進! 20歳の快進撃にもコーチは冷静

2014/09/12 19:37

プロ2年目の20歳が、大舞台の主役に躍り出た。国内女子メジャー「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」2日目、2位タイからスタートした鈴木愛が5バーディ、ノーボギー「67」を記録。2位に4打差をつける通算7アンダーで単独首位に立ち、混戦から一気に抜け出した。

「私も宮里藍さんみたいになりたい」。2004年「サントリーレディス」を制した宮里をテレビで見てクラブを手にした少女は、10年後、憧れの人が保持する記録の更新に迫る勢いだ。鈴木が優勝すれば20歳と128日での達成となり、06年大会を制した宮里が持つ21歳と83日を抜いて大会最年少優勝となる。

ツアー自己ベストとなる5バーディ、ノーボギー。快心のラウンドで「一番良いショットだった」と振り返ったのは、5つのバーディではなく、ピンチをしのいだ最終18番だった。ティショットが左バンカーのアゴ近くに止まる不運もあり、残り128ヤードの3打目を残すが、この窮地にも「緊張感はなかった」と動じない。9Iでピン手前1.5メートルにつけて、冷静にパーを死守。この日ただ1人となるノーボギーラウンドにつなげ、精神力の強さも見せつけた。

今大会における第2ラウンド終了時点での4打差リードは、1988年のツアー制度施行後では2010年大会(藤田幸希/通算9アンダー)と並ぶ最多ストローク差。誰もが予想しなかった若手の独走にも、コーチを務める南秀樹さんに驚きはなかった。「予感はあった? そうですね。爆発力のある子だし、何よりパターが上手ですから、噛み合えば」。周囲の喧騒をよそに、教え子の躍進を冷静に受け止めていた。

南さんが強調するのは、鈴木の試合に向かう気持ちの強さだ。プロ初優勝を飾った昨年のステップアップツアーでは、最終日を前に「先生、絶対に勝つから」と約束を交わし、みごとに有言実行。そんな負けん気の強い20歳を鼓舞するもっとも効果的な方法は、やはり強い言葉で激を飛ばすことだという。

「今日も“てっぺん取ってこい!”と言ったら“分かりました、行ってきます!”という感じで。気が強い子なんで、そういうのが一番なんです」

初めての最終組で迎える明日のムービングサタデー。快挙達成に向けて、明日もコーチの激を合図に、全身全霊を込めて18ホールを駆け抜ける。(兵庫県三木市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。