ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

イ・ボミもビックリ! 優勝予想スコアは15アンダー/女子プロ選手権

国内女子メジャー「日本女子プロゴルフ選手権大会 コニカミノルタ杯」は9月11日(木)から4日間に渡り、兵庫県の美奈木ゴルフ倶楽部で開催される。25日(月)に当地で記者会見が催され、コースセッティングの詳細などが発表された。

今年は全長6,645ヤードのパー72に設定され、フェアウェイの幅は昨年と同じ20~30ヤード。その刈り高は昨年より3ミリ短い10ミリとし、ラフは80~100ミリとこちらは昨年(70~80ミリ)よりも深いセッティングに仕上げられる予定だ。

コースセッティングを担当する入江由香・大会実行委員長は「距離はもちろん、ショットの正確性が求められるセッティング。ピンポイントに狙って打てないとスコアにならない」と説明。その反面、「フェアウェイに置ければビッグスコアが出やすい。優勝スコアは15アンダーは出してもらいたいのが願望」と、過去46回の優勝最少スコアである通算17アンダー(1979年/岡本綾子)に迫る数字を想定した。

昨年から短くなったフェアウェイの刈り高が、その根拠の1つにあることを岡本綾子・大会コースセッティングアドバイザーは補足する。「3ミリ(の差)は違う。フェアウェイが短いほどスピン量も多くなるし、正確なショットが打てればピンが攻めやすくなる」。

この日は前年覇者のイ・ボミも駆けつけ、会見を前に18ホールの視察ラウンドを行った。優勝予想スコアを聞いた瞬間、口を開けて唖然。「(距離は)けっこう長かったし、ラフも深い。パー3も全部ユーティリティで難しかった。(優勝スコアは)10アンダー行かないかな?と思っていたけど、フェアウェイをキープして15アンダー出るように頑張りたい」と、第一印象を上回る想定スコアへのチャレンジを誓った。(兵庫県三木市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。