ニュース

国内女子アース・モンダミンカップの最新ゴルフニュースをお届け

土壇場のイーグル奪取も アンはプレーオフで惜敗

2014/06/29 19:06

緑の林に小鳥のさえずりがこだまする緊張感ただよう優勝争い。「アース・モンダミンカップ」最終日は、最終組でツアー初優勝を目指す酒井美紀が、そのまま逃げ切るかに思われた。だが、今季3勝のアン・ソンジュ(韓国)が、2ストロークのビハインドで迎えた土壇場の18番(パー5)で劇的なイーグルを奪って決着はプレーオフへ。2ホール目で酒井がアンを振り切ったが、今季3勝の実力者がトーナメントを大いに盛り上げた。

「18番しかチャンスがないと思っていて、ドライバーを今日一番振ったら当たってくれて、エッジまでが221ヤード。セカンドも自分の好きな球が出て、(10メートルのイーグルパットは)入ると思わなかったけど入ってくれた」。72ホール目での一撃には、右手で激しいガッツポーズを作ったアン。

<< 下に続く >>

だが、今週は胃痛を抱え、プレーオフでもショットの合間に苦しそうな仕草を見せていた。「前半は大丈夫だったけど、後半苦しくなってきて。『痛くない、痛くない、大丈夫だから』と考えてプレーしていたけど、プレーオフは緊張もあるし、ちょっと痛くなりましたね」。

それでも、今季ここまで4度の4日間競技での通算成績は優勝2回に2位1回と4位が1回。実力が出ると言われる4日間で、その力を遺憾なく発揮している。「4日間だともう1日チャンスがあるから…。でも今日はうまくいかせたいって気持ちが強くて、いつもより“エンジョイ・ゴルフ”ができなかった」。2位の満足感とともに悔しさものぞかせたが、賞金ランキングでは2位に2千万円近い差をつけてトップを快走中。自身3度目の賞金女王へ再び前進した。(千葉県袖ヶ浦市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 アース・モンダミンカップ




特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!