ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

比嘉真美子、メジャー史上最年少優勝へ躍進

北海道恵庭CCで開催されている国内女子メジャー第2戦「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」2日目、19歳の比嘉真美子が5バーディ、1ボギーの「68」とスコアを伸ばし、通算7アンダーとして韓国のイ・ボミと並んで首位タイに浮上した。

過去、公式戦(メジャー大会)での最年少優勝記録は、89年の「JLPGAレディーボーデンカップ(現リコーカップ)」を制した平瀬真由美の20歳27日。比嘉が優勝すれば、19歳339日となり新記録樹立となる。

<< 下に続く >>

今季既に2勝を挙げている比嘉は、ルーキーながらも、目標とする試合に照準を合わせるツアーでも稀なタイプ。今大会に向けては、直前大会で練習ラウンドを少なめにして体力を温存したり、北海道シリーズの2週間で洋芝のラフに慣れるため、アプローチを重点的に行うなどして準備を整えてきた。

さらに、深いラフに対応するためにウェッジのバウンス角を8度から12度へと変更。「ここは(ラフから)飛んでしまうことはなくて、チャックリが多いのでその対応です」と、その意図を明かした。

もちろん、持ち前の飛距離も大きな武器となっている。この日は501ヤードの6番(パー5)で、ピンまで220ヤードの第2打を5Wで3メートルへぴたり。イーグルパットこそカップをなめたが楽々バーディを奪ってみせた。

「バーディを沢山とっても、ボギーが多いと意味がない。ストレスなく、ショット・パットが打てるように心掛けています」と言う比嘉。ピンを狙うだけで無く、確実にフェアウェイやグリーンをキープする堅実ゴルフも使い分け、19歳が新記録へと前進する。(北海道恵庭市/今岡涼太)

◆公式戦初優勝 年少記録一覧
1.平瀬真由美 20歳27日 1989年 JPLGAレディーボーデンカップ
2.宮里藍 20歳105日 2005年 日本女子オープン
3.横峯さくら 20歳348日 2006年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
4.宮里美香 20歳358日 2010年 日本女子オープン
5.諸見里しのぶ 21歳76日 2007年 日本女子オープン
6.モーガン・プレッセル 21歳351日 2010年 ワールドレディスサロンパスカップ
7.朴仁妃 22歳139日 2010年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
8.樋口久子 22歳279日 1968年 日本女子プロゴルフ選手権
9.フォン・シャンシャン 23歳56日 2012年 日本女子オープン
10.森口裕子 23歳94日 1978年 日本女子プロゴルフ選手権
11.高村亜紀 23歳149日 1995年 日本女子プロゴルフ選手権

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯

GDO パーソナルサービス

GDO パーソナルサービス
選べるモバイルサービス。見たい時にいつでも見れる、GDOモバイルのニュース速報。石川遼オフィシャルモバイルサイト。GDOポイントが貯まる、ゴルファーのためのGDOカード。通常プレーすることができないゴルフ場が予約できるGDOプレミアム倶楽部。GDOが主催するレベル別の競技イベント、各コンペなど、あなたのゴルフライフをサポートとします。



特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!