ニュース

国内女子日韓女子プロゴルフ対抗戦の最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/日韓女子プロゴルフ対抗戦初日(韓国チーム)

朴仁妃
「第1組なので責任とプレッシャーはあったけど、リュー・ソヨンと気楽にプレーしました。最初のゲームに勝つことができてうれしいです。ソヨンがショットをミスしなかったので、私がパットしやすかった。16番ホールで2アップだったので、勝って17番ホールまで行かずに終わらせようと思い、計画通りになって良かったです」。

◇リュー・ソヨン
「寒かったので、アイアンショットの距離コントロールが大変でした。今日は6組なので、与えられたポイントが少なかったけど、明日はより多くのポイントが関わっているために心配です。 今日は思ったよりショットが良くなかったので、調整して、明日はさらに良い成績が出るように頑張りたいです」。

◇申智愛
「天気が突然寒くなり、プレーするのに困難がありましたが、多くの方々が応援に来てくださって、良いプレーをお見せしなければならないとかえって集中できました。日本のゴルフ場は小さいグリーンが普通です。日本選手たちが大きいグリーンでプレーするのは、少し難しかったんじゃないかと思います」。

チェ・ナヨン
「韓日戦はたくさん経験しましたが、常に国民が期待を持っているので、大きな負担がかかります。以前は個人戦が多かったけど、ゲーム方式が変わり、互いに頼りながらプレーすることができました。 団体戦になって、選手たちはさらに楽しんでいるようです。ギャラリーが日本選手たちにも拍手をたくさんしてくださって、良かったと思います」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 日韓女子プロゴルフ対抗戦




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。