ニュース

国内女子日韓女子プロゴルフ対抗戦の最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/日韓女子プロゴルフ対抗戦初日(日本チーム)

不動裕理
「お互い補えたと思います。チームワークは本当に良かったですね。ギャラリーからはたくさん拍手をもらったし、平等だったと思います。温かい雰囲気を感じました」。

馬場ゆかり
「良いチームワークで戦えたけど、向こうにロングパットを決められてその分かなと。12番(パー5)で3打目をミスしたのが悔しかった。そこでプレッシャーを掛けられたら違う展開になっていたかもしれないです」。

笠りつ子
「最初から私のショットが載らずに難しいアプローチを残してしまって。私のショットが悪かったです。向こうの調子もそんなに良くなかったのに。今日、悔しい思いをしたので、明日頑張ります」

井芹美保子
「難しいアプローチを課題にしているので、それを出してくれましたね。オフに練習しろということですかね。競技方法にも慣れていなくて、ちょっと中途半端だったところもあったと思います」。

吉田弓美子
「前半の2ボギーは私がセカンドをミスしたせいで、グリーンに載せればいいのにバンカーに入れたり、私がもうちょっとやりやすいようにやってあげればよかったかなと思います」

成田美寿々
「そんなことは無くて、そんなに長いパットじゃないのに、2メートルくらいのパーパットを残してしまって。すごく助けられて、よく2ボギーで収まったなという感じでした。パットの距離感を合わせないと・・・。悔しいですね」。

佐伯三貴
「相手が良すぎたというか、(イ)ボミがすごすぎました。チャンスが少なかったし、明日頑張るしかないですね」

横峯さくら
「私が足を引っぱり過ぎで、ショットが悪くて寒さもあるけど、思うように振れなかったです。負けてしまったけど、三貴さんはすごく良いプレーをしていたので、残念です」

若林舞衣子
「前半は1番でバーディが来て、ヨシっと思ったけど、後はパーオンしないし、フェアウェイにも行かないし、森田さんを気持ちよくプレーさせてあげることができなかったです」。

森田理香子
「若林さんにずっと引っ張ってもらって、自分は飛ぶからロングでは必ず獲ろうと思っていて、9番で2オンしてバーディが獲れたので良かったです。16番は6~7メートルのパーパットだったけど、若林さんにラインを読んでもらってその通り打って入ったので、あれが一番うれしかったです」。

大江香織
「最初はお互いパーで分けていたので、先にバーディが来ていけるかなとおもったけど、そこから(申)智愛さんのスイッチが入ってしまったようで、バーディがバンバン来て、服部さんが長いのを入れ返してくれたりしたけど、私は何もできずに申し訳なかったです」。

服部真夕
「7番でバーディを獲ってくれて、良しってところで入れ返されてしまって。私も9番は2オンしたのに3パットして獲れなくて、流れがつかめなかったです。終始押されっぱなしになってしまいました」。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 日韓女子プロゴルフ対抗戦




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。