ニュース

国内女子日韓女子プロゴルフ対抗戦の最新ゴルフニュースをお届け

「日韓女子対抗戦」の日本代表メンバー13人が発表

12月1日から2日間に渡り、韓国の釜山で3年ぶりに開催される「KBフィナンシャルグループカップ 日韓女子プロゴルフ対抗戦」。その日本代表メンバー13名が発表となり、半数を越える7名が初出場というフレッシュなメンバーが顔を揃えた。

出場資格は、今年の「マスターズGCレディース」終了(10 月21日)時点の日本国籍を有する国内賞金ランキング上位12名と、主催者推薦による1名。初出場者は、森田理香子服部真夕笠りつ子吉田弓美子井芹美保子成田美寿々、推薦枠で大江香織の計7人。メンバーでは最多となる7度目の出場を決めた不動裕理横峯さくらのほか、佐伯三貴茂木宏美若林舞衣子馬場ゆかりが出場する。

一方、先んじて発表されていた韓国選抜は、チェ・ナヨン朴仁妃、申智愛、リュー・ソヨンら海外メジャータイトルホルダーが集結。日本ツアーからは、いずれも今季好調を維持する全美貞アン・ソンジュ李知姫の3人が出場し、近年の韓国女子ゴルフ界の隆盛を支える世界トップランカーたちがズラリと顔を揃えた。

競技は2日間ともにストローク形式で争われ、勝者に2ポイント、引き分けで1ポイントずつを付与。1日目は、今年から導入されたダブルス戦で、フォアサム(1つのボールを交互に打つ)とフォアボール(それぞれが1つのボールでプレー)が3試合ずつ。2日目はシングル戦12試合が組まれ、最終的なトータルポイント数で勝敗を決する。

最後に行われた09年までの戦績は、3勝5敗1分け(08年は降雪のため開催中止)と負け越している日本。今年もライバルの壁は高く厚いが、ダブルス戦の導入によりチームワークの重要性も問われる形式へと変わった。団結力も武器に、強豪・韓国に挑む。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 日韓女子プロゴルフ対抗戦




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。