ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

勢いを増す海外勢、背水の陣の日本勢/2011年国内女子ツアープレビュー

2011年の国内女子ツアーは、昨年と同じ34試合の日程で実施。焦点となるのは、賞金女王争いはもちろんのこと、いよいよ本格化した日本勢VS海外勢という勢力争いだろう。昨シーズン、海外選手が挙げた勝利数は実に17。過去最高の5割という勝率は、日本勢にとって厳しい現実と、実力差を見せつけられた形だ。

そして、その勢いはさらに増す可能性は高い。すでに実績のある海外選手たちが2011年シーズンの出場権をかけたファイナルQTに出場し、続々と上位で突破。そう、昨年とまったく同じ流れが起きているのだ。昨年の韓国ツアーの若き賞金女王、イ・ボミをはじめ、昨年の米国女子ツアー賞金ランク33位のミーナ・リー、同34位のパク・ヒヨン、同36位のフェン・サンサンら、世界レベルの選手たちが日本へ流入。日本勢にとっては、また新たなライバルたちを迎え撃つことになる。

<< 下に続く >>

対する日本勢では、やはり横峯さくらが牽引役となるだろう。昨シーズンは海外ツアーでの活躍を目標に掲げ、4大メジャーを含めた海外6試合に出場。疲労がプレーに与えた影響も否めず、女王奪還に向けては海外ツアーの戦い方もポイントの1つになりそうだ。2年ぶりの勝利を挙げるなど久々に存在感を見せた不動裕理、初勝利を飾った21歳の森田理香子らも、大きな期待を寄せられる中で新たなシーズンを迎える。

「誰かが止めなければならない」という声を多く聞きながら、最終的にアン・ソンジュの独走を許してしまった昨シーズン。さらに厚みをました韓国勢の勢いは、今シーズンも続くのか。今年は、あらゆる意味で重要な意味を占めるシーズンとなることだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権コース攻略
全米プロゴルフ選手権が20日に開幕。マスターズチャンピオンの松山英樹が4大大会2勝目に挑む。日本からは星野陸也も参戦
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!