ニュース

国内女子ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

ウェイ・ユンジュが今季初優勝、ハート・イン・ザ・カップを手に!

通算1オーバー(145ストローク)47位タイまでの53名が予選通過を果たし、決勝ラウンドに進出した。最終日、通算7アンダーの単独首位でスタートした森田理香子は、2番ホールで3パットのボギーを叩き、9番ホールもボギーとして2日間守って来た首位の座を明け渡した。森田に代わって試合をリードしたのは、首位と2打差の通算5アンダーでスタートしたウェイ・ユンジュ選手(台湾)だった。

1番ホールから3連続バーディを奪い、前半9ホールでスコアを4つ伸ばしてハーフターン。その後も12、13番ホールでも連続バーディを奪取した。一緒の組で回る朴仁妃(韓国)、中田美枝もウェイの猛チャージに引っ張られるようにスコアを伸ばし、14番ホールを終えた時点で、通算11アンダー首位のウェイに、中田と朴が通算10アンダーの1打差で追うデッドヒートとなった。15番ホール、499ヤードのパー5。ウェイは3打目を2.5メートルのバーディチャンスに着けた。5メートルほどのバーディパット決めた朴に続いて、ウェイもバーディパットを着実に決めたいところだったが、それを1.5メートルも外し、返しのパーパットも決まらず痛恨の3パット・ボギー。中田もバーディパットを決め、順位は大きく入れ替わった。

<< 下に続く >>

首位タイに立った朴は17番ホールでバーディを奪い、通算12アンダーと一歩抜け出し、18番ホールをパーでホールアウト。通算12アンダーでフィニッシュしたのだった。ウェイも朴同様に17番ホールでバーディパットを沈め、勝利への執念を見せた。だが18番ホールのバーディパットは惜しくも外れ、通算11アンダーの単独2位でフィニッシュした。

しかしその後、LPGAツアー史上初の出来事が起こった。アテストの段階で1番ホールでの朴のセカンドパットの際にボールが動いたように見えたことに対し、その状況を競技委員に説明したところ、朴に2罰打の裁定が下されたのだ(別掲記事参照)。その結果、ウェイが通算11アンダーで今季初優勝を飾り、大会優勝カップである「ハート・イン・ザ・カップ」が手渡されたのだった。「こんな形での優勝になりましたが、最終日は自分のベストを尽くしたいと思っていたので良かったです。特にアイアンショットが良く、バーディチャンスを多く作れました。自己最高位の賞金ランク8位を上回ることが今季の目標です」とウェイは力強く言い切った。

なお、大会2日目に14番ホール(163ヤード・パー3)でホールインワンを達成した永井奈都には、南雲忠信大会会長からスタート前に金一封が手渡された。

朴仁妃に対する裁定について
1番グリーン上で、朴仁妃のファーストパットはカップ50センチくらいのところに止まった。セカンドパットを続けてホールアウトしようと思い、球のすぐ近くで素振りをし、そのあとクラブをグリーン面に2回つけたところ、球が後方に1回転半ほど動いた。朴の行為が球の動く原因となったと判断した。ゴルフ規則18の一般の罰により朴仁妃に対し2罰打が科せられた。
(規則18の違反はストロークプレーでは2罰打)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには桑木志帆プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!