ニュース

国内女子明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

渋野日向子、帰国日を決めずに渡米決意「何カ月居てもいいような準備で」

2021/03/13 19:10


◇国内女子◇明治安田生命レディス ヨコハマタイヤ2日目(13日)◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72)

海外メジャー「ANAインスピレーション」(4月1日開幕/カリフォルニア州・ミッションヒルズCC)参戦を自身のホームページで発表した渋野日向子は、この日のラウンド終了後に、場合によっては海外メジャー「全米女子オープン」(6月3日開幕/カリフォルニア州・オリンピッククラブ)まで米国に滞在するプランもあることを明かした。

<< 下に続く >>

今年1月に日本政府が新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言を再発令。現時点では東京五輪の「JOC認定オリンピック強化指定選手」に適用されていた例外規定、いわゆる「アスリートトラック」が停止され、アスリートも2週間の隔離を求められている。

「隔離の件もあって、今は2週間の間、練習もできなくなってしまっている。言い方は悪いけど、その2週間がどうしても無駄になってしまうので、向こう(米国)で推薦が頂ける試合を取ってもらって、出られたら良いという状況。とりあえず、何カ月居てもいいような準備では行くつもりです」と、帰国日を決めずに渡米する意向を明かした。

渋野は2週間後の「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」(宮崎・UMKCC)出場後に渡米し、「ANA-」に参戦予定。そのまま米国に滞在する場合、ディフェンディングとなる国内メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」(5月6日開幕/茨城ゴルフ倶楽部)も参戦できないが、「そうなる可能性もあります」と話した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!