ニュース

国内女子明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

渋野日向子は124.5ラウンドぶりのバーディ0個「情けないなぁ」

2021/03/13 18:26


◇国内女子◇明治安田生命レディス ヨコハマタイヤ2日目(13日)◇土佐CC(高知)◇6228yd(パー72)

強い北風が吹きつける中、渋野日向子は4ボギーの「76」とスコアを落とし、通算2オーバー38位に後退した。渋野がバーディを奪えなかったのは、レギュラーツアーのプロデビュー戦となった2018年「アース・モンダミンカップ」第2ラウンド以来、実に124.5ラウンドぶりとなった。

<< 下に続く >>

「最後まで風の対応ができなかったです」と悔やんだ2日目。スタートホールでグリーン手前からのアプローチがカップの縁で止まってチップインバーディを逃すと、17番(パー3)、18番と上がり2連続に意地で作った3mのバーディチャンスも決めきれず「情けないなぁ」と天を仰いだ。

改造中のスイングも、この日は風に翻弄された。「ショートアイアンでもグリーンに乗らなかったりして、すごく悔しかったです。縦距離が合ってないのが一番悔しいけど、それよりティショットもぶれていたし、風と友達になれなかった。力んでしまったり、いろいろ小細工したりしようとしていたかもしれないです」と落胆した。

首位を走る稲見萌寧とは12打差で迎える最終日。「上位とはかなり差があるので、明日こそは自分のやるべきことができる1日じゃないかなと思う。目の前のことに集中したい」と新たな気持ちでティオフする。

明日は明日の風が吹く。予報では気温も上がり、この日よりも穏やかな一日となる見込みだ。(高知県香南市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!