ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

放映権&ネット中継について小林浩美会長「交渉ごとなので…」

日本女子プロゴルフ協会(LPGA)が17日、2020年の国内女子ツアー日程を発表した。来夏に開催される東京五輪との兼ね合いで「北海道meijiカップ」が休止、「センチュリー21レディス」が契約満了によりツアーから離れたが、昨年に表面化した放映権問題に伴う撤退はみられなかった。

LPGAは17年初旬から、これまで主催者に帰属していたとされる放映権の一括管理を要求。19年は主催者側との交渉が一部で決裂し、日程発表時には日本テレビ系列局が主催する3大会の見送りが発表された。結果的には選手側の強い要望もあり3大会とも開催に転じたが、来季については不透明な状況だった。

<< 下に続く >>

引き続き交渉が続いているとみられる放映権問題について小林浩美LPGA会長は、「交渉ごとなので控えさせてもらいます。すみません」と話すにとどめた。

また、当初は19年の開幕戦から行う予定だったインターネット中継の進捗についても「交渉ごとなので言えませんが、見通しは立てたいですね」と同様の反応。「いろいろな形でアプローチをかけている。ぜひやりたいと思っているので頑張らないといけない」と、改めて意欲を示した。

一方で、渋野日向子が「AIG全英女子オープン」を制して以来、8月から4カ月連続で、協会公式サイトへのアクセス数が平均で1億3900万ビューを記録したことを明かし、関心の高まりを強調した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!