ニュース

国内男子日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

男子ツアー初の試み 「ツアー選手権」でプレー中の撮影を一部解禁

2019/06/05 19:35

◇国内メジャー◇日本ツアー選手権森ビル杯 事前(5日)◇宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇7387yd(パー71)

日本ゴルフツアー機構(JGTO)が主催する今季メジャー初戦で、ギャラリーによるプレー中の選手の写真および動画の撮影を一部で解禁する。対象となるのは17番ホールに設けられたエリア内で、JGTOによると男子ツアーでは初めての試みになるという。

中島和也ツアーディレクターの説明によれば、フォトエリアを設置するのは17番(481yd/パー4)の2打目地点からグリーンに至るまでの左サイド。エリアから2打目地点まで約150yd、グリーンまで約80ydの距離があり、スマートフォンなどのシャッター音はプレー中の選手の耳に届かないと判断された。

選手が2打目地点からグリーンに進むまではギャラリーロープに近い池の左側を回り込むロケーションになっており、選手を近くで撮影できるシャッターチャンス。同ディレクターは「ギャラリーの2、3ヤード先を選手が通るイメージ。プレー中の選手の目や、表情を見ながら撮影できる。ギャラリーのみなさんに、思い出として持って帰ってほしいと思います」と話した。

JGTOは、2017年からギャラリーサービスの一環として、クラブハウス周りのみ撮影を認めるフォトエリアの設置をスタート。以降も選手会からは、コース内でも撮影ができるよう検討を求める声が挙がっていたという。同ディレクターは、「このツアー選手権で成功すれば、日本のトーナメントでエリア内に限定したコース内での撮影が可能になっていくのではと思っています」と期待を寄せた。(茨城県笠間市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!