ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

“令和初”のアラカルト

2019/05/02 19:46

◇国内男子◇中日クラウンズ 初日(2日)◇名古屋ゴルフクラブ 和合コース(愛知)◇6557yd(パー70)

新時代・令和となって初めて行われるプロゴルフトーナメント。その初日に記録された数々の“令和初”をまとめてみた。

◆令和初ショット/石坂友宏(日本ウェルネススポーツ大2年)

プロトーナメントでの令和初ショットは、大会初日、第1組の第1打を放ったアマチュアの石坂友宏が記録した。「クラブは3Wです。狙いよりも右に行って、あまり思うようにはいかなかったです。初日第1組の一番手、さらに令和初ということで余計緊張しました」と、初日は8オーバー98位でフィニッシュした。

◆令和初バーディ、令和初連続バーディ、令和初競技委員要請/和田章太郎

令和初バーディは、第2組から出た和田章太郎が1番で記録した。3Wでティショットを打つと、2打目は残り110yd。「52度のスリークォーターショットで右上1ピンくらい」につけて、これを沈めた。

続く2番(パー5)は、2打でグリーン手前まで運んでアプローチをピタリと寄せてタップイン。令和初連続バーディの栄誉も和田が獲得した。さらに3番ではティショットを右ラフに打ち込むと、「球が埋まっていて、一応確認した」と令和初の競技員要請。無罰で救済を受けて、ここもパーで切り抜けた。

結局、初日を1オーバー33位で終えた和田は「ショットの悪さを運でカバーしてくれたみたいなゴルフ」と振り返りつつ、「令和元年は最低限しっかりシードを取る年にしたい」と幸先良いスタートに意気込んだ。

◆令和初イーグル/梅山知宏

第4組から出た梅山知宏が、2番(パー5)で令和初イーグルを達成した。2打目はピンまで残り252yd。「右からフォローか真横くらいの風。2UTで会心のショットだった」と左奥4、5mにつけて、スライスラインを読み切った。

「やったぁみたいな。ニュースを見ていると、“令和初のホームラン”とかやっていたけど、あまり気にはしていなかったです。もったいないのはあったけど、最近の調子にしては上々のスタートかなと思う」と、初日を1オーバーの33位とした。

◆令和初アンダーパーフィニッシュ/今野大喜

第1組から出た今野大喜が、4バーディ、1ボギー1ダブルボギーの1アンダー「69」として令和初のアンダーパーフィニッシュ。14番のダブルボギーも、すぐに15、16番の連続バーディで取り返した。「いまはショートゲームに自信がある」と、最終18番もグリーン右手前のラフからアプローチをピタリと寄せてパーフィニッシュ。「今週は初めてプロキャディに担いでもらっていて、状況判断とかが勉強になりました。18番も『無理せずそこら辺に置いておけばパーは獲れるよ』って言われて…。パーが獲れてよかったです」と、1アンダー12位と好スタートを決めた。

◆令和初ヒーローインタビュー/宮本勝昌

大会初日を4アンダーの首位タイで終えた宮本勝昌が、令和初のヒーローインタビューへ登壇した。「頑張れば、令和一発目ということで名前を載せてもらえるかなと思った」というお祭り男の本領を発揮。ホールアウト時点では、後続に3アンダー、4アンダーの選手もいたが、結局は貞方章男ピーター・カーミス(ギリシャ)と並び、令和初首位スタートも達成した。

◆令和初OB/石塚義将

第2組から出た石塚義将が3Iで放った1番のティショットは、大きく右へと流れて、名古屋ゴルフ倶楽部のメンバー駐車場の屋根を直撃する令和初OBとなった。「風が左から来ているのは知っていて、ドローで捕まえにいこうという気持ちはあったけど、球が意外に吹いた感じ。緊張とかそういうのはなかったけど、ちょっと右に押し出してしまった。(ティ右にある)ギャラリースタンドの上に飛ばしたのは、初めてです」と頭をかいた。

◆令和初オナラリースタート/青木功

尾崎将司石川遼金谷拓実組がティオフする直前に、日本ゴルフツアー機構の青木功会長が令和初のオナラリースタートを行った。1Wで会心のショットを放った青木会長のコメントは以下の通り。

「なんか知らないけど、試合をやるよりシビレたよ。当たるかなっていう感じで、しばらくご無沙汰しているとおっかないな。こういうことができるのは名誉なこと。本当はジャンボと2人でやりたかったけど、ジャンボは本戦に行っているから。ジャンボを送り出せたのもよい思い出になるな。(ショットは)ちょっとヒール目に当たったけど、そんな悪い球じゃなかった。ギャラリーも今回多くて、60回の記念大会とか、令和を見届けようと思って来てくれるのはありがたいな」

なお、大会初日のギャラリー数は、昨年比2,334人増の6,877人を記録した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。