ニュース

国内男子マイナビABCチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

シード危機の手嶋多一 20年来の戦友をバッグに戻して終盤戦へ

2018/10/29 08:22


国内男子◇マイナビABC選手権 最終日(28日)◇ABCゴルフ倶楽部(兵庫県)◇7217yd(パー72)

大会前の賞金ランキングは97位。継続中では最長となる連続賞金シードが22年で途切れる危機にある手嶋多一が、20位からスタートした最終日を1イーグル2バーディ、1ボギーの「69」でホールアウト。通算6アンダーで今季最高の12位タイとして243万円を加算し、同ランク80位に上げて来季シード(同65位まで)の確保に前進した。

「シードは今年で終わり。間違いない」と笑顔でかわしながらも、やはり記録を気にかける正直な言葉も口をつく。「ずっとやれるわけはないとは思っているけれど、なるべく残り試合で(確保を)決めたいよね」。2014年「日本プロゴルフ選手権」優勝による5年シードを19年まで残しているとはいえ、シードを確保し続けることにプライドを持つ。

今月16日に50歳になり、これまで以上に体力の衰えを実感する。「普通に予選は通るけれど、3日目、4日目に尻すぼみ。体力も集中力も疲れが出ちゃう」。それでも、この日は後半15番(パー5)で8mのイーグルパットを決めるなど、サンデーバックナインで伸ばして順位を上げた。

賞金シード継続に向けて、今週からクラブにも願(がん)を掛けた。20年以上使用してきたミズノ製『ワールドマスターIII』の5Wを今夏から最新のプロトモデルに替えたが、今週から馴染みのモデルに戻した。「やっぱり(この5Wで)シードを歩んできたから。これを外したらマズイと思って。グリップを替えたら、また当たるようになってきた」。この日も、距離があるパー3で心強い支えになったという。再びバッグに戻した戦友とともに、窮地にいるシーズン終盤を戦い抜く。(兵庫県加東市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 マイナビABCチャンピオンシップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。