ニュース

国内男子トップ杯東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

20勝&10年連続優勝の池田勇太は淡々「次の1勝を」

2018/09/26 17:00


◇国内男子◇トップ杯東海クラシック 事前情報(26日)◇三好カントリー倶楽部 西コース(愛知)◇7330yd(パー72)

ツアー通算20勝目となった前週の「ダイヤモンドカップ」での今季初勝利は、池田勇太にとって2009年からの10年連続優勝になった。この事実は同じ週に行われた米ツアーのシーズン最終戦「ツアー選手権」の会場から、AP通信のゴルフ担当記者ダグ・ファーガソン氏も反応し、6万人以上のフォロワーを持つ彼のツイッター(@dougferguson405)でも紹介されていた。

国内ツアー最長は尾崎将司の15年連続で、青木功片山晋呉が11年連続で続く。10年連続は杉原輝雄と並ぶ4番目の記録。ただし、32歳での達成は最年少だ。

初勝利は2009年の「日本プロゴルフ選手権」だったが、その前年にも勝つチャンスがあった。ちょうど10年前の「トップ杯東海クラシック」。月曜予選会から出場し、最終日最終組で回った武藤俊憲との争いに敗れた。ホールアウト直後、待ち構えた報道陣に「ちょっとすいません」と断り、いったんトイレで泣きはらしてから対応した。

同年の2位を含め、三好カントリー倶楽部ではトップ5が5回。ただ優勝がなく「そういう意味では、あまり相性が良くないと思うんですけど」と苦笑いする。

「ここでどうのこうのというよりは、ただ勝ちたいという気持ち」。賞金ランキングは3位で、2回目のマネーキングの座も見えてきたが、目先の勝利だけに集中する。「20勝したけれど、気持ちが新しくなることはない。次の1勝をまた数えるだけ」と冷静に2週連続優勝を狙う。(愛知県みよし市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 トップ杯東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。