ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボらに続く3番目の年少記録 池田勇太は節目の20勝

2018/09/23 19:01


◇国内男子&アジアンツアー共催◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 最終日(23日)◇武蔵カントリークラブ・笹井コース(埼玉)◇7060yd(パー71)

首位から出た池田勇太は4バーディ、1ボギーの「68」で回り、2位に6打差をつける通算15アンダーで今季初優勝した。32歳275日のツアー通算20勝目は中嶋常幸、“ジャンボ”尾崎将司に続く3番目の年少記録。キャリアの通過点とした上で「自分を褒めたいし、関わってきたすべての人に感謝したい」と述べた。

序盤の分かれ目はボギー発進後、最高難度の2番パー4(512yd)だった。「今週はフェアウェイからつけられる自信がある」。5Iで3mに落とし、この日同ホール唯一のバーディを奪った。ダブルボギーをたたいた張二根(韓国)に3打差をつけた。「ラフの深いコースは、技術力の差が出る」とその後は寄せ付けなかった。6番(パー5)に3つ目のバーディを獲り、「後続も崩れていた。ここで勝てると思った」と独走した。

スタート前から終始、笑顔で穏やかな雰囲気。前週「ANAオープン」は北海道地震の影響で中止になり、16日(日)に大会中継のかわりの番組に出演するため当地を訪れた。被災地を目の当たりにし、「ゴルフは勝負の世界だから、明るく振舞おうと考えたわけではない。ただ、自然体の中でそういう表情になったのかもしれない」。スタート前も、1番のボギー後も、観客の声援に言葉を返す。パットをそらすと、足がつっかかったようなリアクションで何度も笑いを誘った。

「明るい話題を我々が提供しないといけない。僕らには何ができるのか」。その思いは、今も昔も変わらない。3年前の今大会は茨城県の大利根カントリークラブ西コースで開催されたが、会場周辺は集中豪雨により水害があった。当時選手会長だった池田は、開幕前の練習日からクラブハウスの受付席に座り、選手たちに「賞金から一部をチャリティに回せないか」と頭を下げていった。

初優勝した2009年から10季連続での優勝は1973年のツアー制度施行後、4番目に長い記録。13年から3年にわたり選手会長を務めるなど多忙を極めたが、勝ち星を積み上げてきた。「若い時は勢いがあった。でも、今の戦い方を一生懸命に突き詰めるしかないから」と言葉に力を込めた。

20勝目の達成日数は、通算30勝を挙げた倉本昌弘を24日上回り、「マッシー(倉本昌弘)を超えられたのは、良かった。連絡しよう。ネタになるから」と親交のある先輩をいじり笑った。前半戦を海外のスポット参戦にあてながら、賞金ランキングはトップと約1400万円差の3位。「コンスタントに優勝争いをし、年内に2、3勝としていかないといけない」。16年以来となる2度目の賞金王や通算25勝で付与される永久シードも見える位置に来た。(埼玉県狭山市/林洋平)

関連リンク

2018年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~