ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は復帰戦で予選落ち 初日よりは手ごたえも「時間がかかる」

2018/09/21 19:45


◇国内男子&アジアンツアー共催◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 2日目(21日)◇武蔵カントリークラブ・笹井コース(埼玉)◇7060yd(パー71)

82位から出た石川遼は3バーディ、6ボギーの「74」と落とし通算5オーバーの88位。8月「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント」以来のツアー復帰戦で今季4度目の予選落ちを喫した。

ここ1カ月、熱中症やウイルス性の腸炎に苦しめられた。体重も減ったことで飛距離も低下。初日はショットの力強さがなく「もう一回作り直さないといけないかな、という感じ」と落胆していた。この日は強い雨の中、平均飛距離は全体11位の278.5yd(初日270.5yd/全体108位)、フェアウェイキープ率は全体26位の57.14%(初日35.71%、全体101位)だった。

32パットを要したグリーン上でスコアを落としたが、「きょうはアイアンもピンにいった場面があったし、内容的にはきのうより良くなっている。初日はフワフワする感じがあったのかもしれない。そこらへんはプラスで終われた」と前を向いた。

ショットに好感触のあった時期に離脱を強いられ、クラブを振れない日々を過ごした。「体調不良で試合を休むというのはこれまであんまりなかった。すごく悔しいですけど、フィーリングを失いたくなくて無理して出たらもっと(体調が)悪くなったかもしれない。何カ月か遅れてしまったという感じです」。

今後は試合に出場しながら、焦らず調子を上げていくつもりだ。「時間がかかるということは受け止めないといけない。毎日やっていって練習やラウンドを繰り返していくしかない」と次週「トップ杯東海クラシック」に備える。(埼玉県狭山市/林洋平)

関連リンク

2018年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~