ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼「もう一回作り直さないと」 一カ月ぶり復帰戦で出遅れ

2018/09/20 17:48


◇国内男子&アジアンツアー共催◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 初日(20日)◇武蔵カントリークラブ・笹井コース(埼玉)◇7060yd(パー71)

一カ月ぶりの出場となった石川遼は2バーディ、4ボギーの「73」で回り、2オーバーの82位と出遅れた。

ホールアウト後「全然ダメですね…」と力なく話した。熱中症をおしてプレーした8月下旬の「RIZAP KBCオーガスタ」終了後にウイルス性の腸炎を患い、翌週の「フジサンケイクラシック」を欠場。10日以上は、お粥などしか口にできず、安静にした。体重は最大で5kg落ち(現在は3kg戻った)、「自分のイメージと体の動きが違うのかなと思う」という。

長いラフが待ち構えるコースでフェアウェイキープ率36%(5/14)にとどまった上、アイアンショットではショートする場面が目立ち、「球に力が伝わっていないような飛び方だった」とキレの悪さを口にした。ボギー直後の前半11番(パー5)に奪った最初のバーディは、10mほどの長いパットを入れたもの。「アプローチやパットはそこまで違和感はなかったけど、前と同じ飛距離を出そうとして、腕の力で打ったり、細かいところからズレている」と落胆した。

体調がすぐれない中でも「RIZAP KBCオーガスタ」では7位に入った。「ドライバー、アイアンと良い感じで打てていた」とショットの状態が上向きだったときに調子を崩す形になり、「元に戻すというのは、けっこう難しいと思う。もう一回作り直さないといけないかな、という感じ」と視線を落とした。(埼玉県狭山市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。