ニュース

国内男子アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は熱中症&腸炎で一時体重5kg減も急ピッチ調整

2018/09/19 18:38


◇国内男子&アジアンツアー共催◇アジアパシフィック ダイヤモンドカップ 事前(19日)◇武蔵カントリークラブ・笹井コース(埼玉)◇7060yd(パー71)

石川遼は開幕前日にイン9ホールの練習ラウンドを行った。熱中症をおしてプレーした8月の「RIZAP KBCオーガスタ」以来の復帰戦になる。前日にはプロアマ戦で18ホール回るなど、大会初開催になるコースで調整を続けた。

武蔵カントリークラブ・笹井コースは深く粘り気のあるラフが特徴。今季フェアウェイキープ率112位(41.64%)の石川は「ティショットが曲がらない人が有利」としながら、「自分のゴルフで勝負していく。フェアウェイにいくのが50%でも、その中の80~90%でバーディを獲れたら」と前向きだ。

同じ埼玉県内にある同クラブの豊岡コースで開催された2009年の「日本オープン」では、小田龍一にプレーオフで敗れ2位になった。「コースは似たような雰囲気もある」と当時を振り返る。

欠場した3週前の「フジサンケイクラシック」期間中には、「熱中症が良くなってきたと思ったら、また一段と体調が悪くなった」。病院に行くとウィルス性の腸炎と診断された。「胃腸や肝臓にダメージを受けていたみたい。初のことで、体全体が弱った感じだった」と話す。

「もし吐いたりしたらすぐに入院と言われていた」とお粥や経口補水液(けいこうほすいえき・食塩とブドウ糖を混合し水に溶かしたもの)しか口にできず、一時は体重が5kg落ちたという。

北海道地震の影響で「ANAオープン」が中止になった前週も休養に充て、徐々に回復し体重も3kg戻った。一時落ちていたという飛距離は「この日回った感じはかなり戻ってきた」と上向きをアピール。回復後に3ラウンドほどしかできておらず、体力面については「不安は少しある。感覚も落ちている部分もある」と練習場で急ピッチの調整を続けた。(埼玉県狭山市/林洋平)

関連リンク

2018年 アジアパシフィック選手権ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~