ニュース

国内男子ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦・決勝)の最新ゴルフニュースをお届け

片山晋呉がマッチ途中で敗北宣言 賞金はどうなる?

2018/09/06 18:32


◇国内男子◇ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦~決勝戦) 4回戦(6日)◇鳩山カントリークラブ(埼玉)◇7115yd(パー72)

3回戦に敗れて堀川未来夢との17位タイ決定戦に回ったディフェンディングチャンピオンの片山晋呉が、5ダウンとなった前半9番ホール終了後にプレーをやめて敗退した。関係者によると、片山は堀川に手首の痛みを理由に挙げていたという。

<< 下に続く >>

マッチプレーでは、ラウンド途中にプレーをやめてもそのマッチ(試合)をコンシード(譲る)する「マッチコンシード」として扱われ、ストロークプレーでの途中棄権には当たらない。

なお、ストロークプレーでは決勝ラウンドに進んでも途中棄権すると賞金がもらえない。近年では、2014年の「ブリヂストンオープン」3日目にブラント・スネデカーが体調不良により途中棄権して、賞金加算されなかった例がある。だが今回の場合、片山には3回戦進出までの賞金200万円が支払われることになる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦・決勝)




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!