ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は5戦連続予選落ち それでも休まない理由

2017/11/10 17:26


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目(10日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7246yd(パー72)

大好きな御殿場でも、努力は報われなかった。石川遼は2日連続で「76」をたたき、通算8オーバーの79位に沈んだ。10月の「日本オープン」から、国内ツアー自己最悪となる5試合連続での予選落ちを喫した。

カットラインには7打も及ばなかった。アマチュア時代の2007年に初めてプレーし、10年、12年と2勝をマークしたコース。屈辱的な結果を受け、丁寧に言葉を紡ぐ。「練習場では結構いい感じで打てているのが、試合になるとその感覚がまったくない」と静かに現実を受け入れた。

ホールアウト後はこの日も、寒空の下で1Wを振り込んだ。ティショットの乱れが不安の種には違いない。ただ、今はすべてがかみ合わない。1Wでフェアウェイをとらえた前半5番では、ウェッジでの第2打で8mのバーディパットを残した。6番(パー5)では2mのバーティチャンスがカップにけられ、挽回のきっかけを逃して後半もズルズル後退した。

PGAツアーの出場権を失い、日本ツアーに復帰したこの秋。米国で通用する高いレベルでの安定感を求め、自身の中ではスイングを大幅に見直している。その「打ち方が自分にまだなじんでいない」という。「何も考えなくても(新しい動きが)できてしまうという状態にはほど遠い。(ミスは)ワンパターン。手元が早く出てきてプッシュアウトしてしまう。アイアンではできても、ドライバーショットだと懐に余裕がない」

日本ツアーのシードは来季も残っており、一定期間の休養を挟むこともできる。だが「練習ではできている」ことを試すため、試合に出続けている。そのたびに打ちのめされるラウンドを重ねる。コース上でも、頭の中はスイングのことでいっぱい。「試合に入り込めていない」自分を、誰よりも感じている。

次週は「ダンロップフェニックス」。2008年に2位に入ったが、フェニックスカントリークラブ(宮崎)は石川にとって少なからず苦手意識があるコース。苦境は続くが、トーナメントはやってくる。「試合はすごく楽しいものだし、試合を今までよりも何倍も楽しむために(今は)必要な時間。何回も勝てるようなショットを身につけないといけない。だから苦しいのも頑張れる」。今はただ、懸命な努力が実を結ぶときを待つしかない。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 三井住友VISA太平洋マスターズ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。