ニュース

国内男子ホンマ・ツアーワールド・カップの最新ゴルフニュースをお届け

「記録との戦い」に打ち勝つV 宮里優作に新たな勲章

2017/10/08 18:27


◇国内男子◇HONMA TOURWORLD CUP 最終日(8日)◇京和カントリー倶楽部(愛知)◇7190yd(パー71)

快挙への重圧に打ち勝つ一日となった。2打リードの単独首位からスタートした宮里優作は3バーディ、ノーボギーの「68」とし、通算22アンダーで今季3勝目を達成した。ツアー史上初めて(記録が残る1985年以降)となるノーボギーでの優勝を果たし、「このようなゴルフができて自信になった」と充実感に浸った。

出だしの1番でピンそば1mにつけ、バーディ発進。早々に20アンダーに乗せた。後続が停滞し、4番を終えた時点で2位と4打差。そんな展開もあったのか、「途中からボギーを打たないようにしている自分がいた」と、記録への意識とプレッシャーは増した。

6打リードの9番では、ピン手前20mからのファーストパットが3mオーバー。「ボギーかな…」との不安が頭をよぎったが、これを沈めてピンチをしのいだ。

その後は自分自身との闘い。「ボギーが来てもいいから、しっかりピンを狙っていこうと切り替えられた」。サンデーバックナインのバーディは1つだったが、9ホールすべてでパーオンに成功した。最終18番(パー5)も2パットのパーとした。「いろいろ試された結果のノーボギー。打ち勝つことができた」と、胸を張って大記録を完結させた。

約50cmのウィニングパットを沈めてボールを拾い上げると、人差し指を天に向け、空を仰ぎ見た。この日は昨秋に他界した義父の一周忌。今週月曜日には妻の紗千恵さんと墓参りし、「いい風を吹かせてください」と手を合わせたという。

7月上旬の「セガサミーカップ」終了後に譲っていた賞金ランキング1位に返り咲いた。「ランクは毎週変わるものだけど、その中にどれだけ身を置けるかが大事。ノーボギーの4日間は後半戦に生きてくると思う」。新たな勲章を得た37歳が賞金王へまい進する。(愛知県豊田市/塚田達也)

関連リンク

2017年 ホンマ・ツアーワールド・カップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~