ニュース

国内男子RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

松村道央に響いた体験談 トム・ワトソンが10年の不調から脱したとき

◇国内男子◇RIZAP KBCオーガスタ 初日(24日)◇芥屋ゴルフ倶楽部(福岡)◇7151yd(パー72)

先週のツアー外競技「ネスレマッチプレーレクサス杯」のアンバサダーとして来日したトム・ワトソンが、大会の1回戦終了後に行った講演会。多くの選手たちから、それぞれに感銘を受けた話を伝え聞いたが、その1つを紹介したい。

教えてくれたのは、松村道央だ。ここ2年ほど勝ちに見放されている松村は、自身の調子の悪さに悩む時期が続いていた。そんなときに聞いたのが、ワトソン自身も10年間スランプに悩んでいたという話。そして、それが解消したのは、ほんの些細な一点、“右肩が少し下がっていたことだった”という体験談だ。

「好調も、スランプも紙一重なんだと思いましたね。調子が良いと思っていても、ちょっとしたことで悪くなるし、その逆もあるんだなと」。

そして、ワトソンが説いた準備をすることの大切さ。深く悩むよりも、次の日の天候や風、ティグラウンドに思いを馳せて、準備をすること。これまでは、自身の体調や、翌日のスタート時間に合わせた行動などを準備と考えていたが、いまではより“先”を考えるようになったという。

そんな思考の変化が奏功したのか、大会初日は4アンダー4位発進。「調子は上がって来ているので、3日目が終わって優勝争いができる位置にいたい」と語る言葉にも、より明確なイメージが伴っているはずだ。(福岡県糸島市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。