ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

「人を育む」青木功新体制が発足 官僚出身理事ゼロに/JGTO

国内男子ツアー(JGTO)の第4代会長に4日、青木功が選任された。大勢の報道陣を前にした青木は「いろんなものがぶつかってくるだろうけど、頑張っていく」と、会長としての抱負を語った。

補佐役となる副会長には、日本プロゴルフ協会元会長の松井功氏、ダンロップスポーツエンタープライズ元社長の大西久光氏、宮里優作らが就任した。特別顧問に尾崎将司、相談役に丸山茂樹を充てたほか、田島創志渡辺司横田真一佐藤信人池田勇太ら現役プロが理事となった。

一方、海老沢勝二前会長体制では、3人が名を連ねていた官僚出身の理事は姿を消した。

青木新体制が掲げた理念は「人を育む」。青木は「ツアーを盛り上げていくのは選手の意識。俺がツアーの主役だというような気持ちがあっても、今の若い人たちは出さない人が多い。個々の選手がもっと自分をアピールしたら責任感も出てくる。そういう闘争心で活性化していくのかなと思う」と、“個”の大切さを強調した。同時に「人として、社会人として対応できるプロゴルフアーが増えることも必要」と、プレー以外の人間教育にも取り組むことを明かした。

政策担当となった大西副会長は、緊急課題としてコースの難度アップと試合数の増加を掲げた。「海外の試合に出た選手が『コースが難しかった』と言うのをよく聞くが、それでは相手と戦う前にコースに負けている」と指摘。さらに「選手は競技に出ないとダメ」と、賞金総額が最低ラインの5000万円だとしても試合数を増やし、多くの若手にも試合でのプレー機会を増やすことを課題とした。

青木とは我孫子一門として旧知の間柄である松井副会長も「選手の人格形成と組織改革が必要」と問題認識は変わらない。「若い選手の評判があまり良くないことも耳に入る。LPGA(国内女子ツアー)は、プロアマで回った相手にサンキューレターを書くなど企業努力を行っている。男子にはそういう細かい努力が欠けている」と話した。

横田は「リアル中のリアルが集まった理事構成になった」と、“現場を知っている”新体制の船出に満足げな表情を見せた。「ようやく重い腰を上げて頂いた」と嬉しそうにレジェンドの会長就任を祝福した。

青木は数年前から会長職を打診されていたとし「プレーヤーとして全うしたいと思っていたけど、やって欲しいという気迫に負けたところもある」と打ち明けた。現役でのプレーは「多少は許されている」と周囲を見回しておどけたように笑ったが、「でも、受けた以上はとことんやります!」と待ち受ける困難は覚悟の上だ。(東京都港区/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!