ニュース

国内男子Hitachi 3Tours Championshipの最新ゴルフニュースをお届け

イ・ボミ、来年目標の本音は五輪 「最初で最後」の覚悟

今年の国内女子ゴルフ賞金女王に輝いたイ・ボミ(27)は、2016年の「大きい目標」として8月のリオデジャネイロ五輪に出場することを挙げた。韓国代表の座を射止めるため、現在16位の世界ランキングを10位以内に上げる計画を明かした。

112年ぶりに五輪競技として復活するゴルフの各国代表は、来年7月11日時点の世界ランキングに基づいて決まる。15位以内の場合、各国最大4人まで選出される。韓国人選手の世界ランクは現在、2位の朴仁妃、5位のユ・ソヨン、7位のキム・セヨン、8位のエイミー・ヤンが上位4人。9位チョン・インジ、10位キム・ヒョージュ、14位ジャン・ハナと続き、イは8番手の16位だ。

イは10日に行ったインタビューで、リオ五輪に「出たい」と明言した。「オリンピックは4年に1回で、来年は(生まれてから)初めてゴルフが参加する」と意義を強調した上で「年齢的にも来年しかないと思う」と語り“本気”の覚悟を示した。

出場へ向けたプランはこうだ。今季は日本ツアーの賞金女王という目標を達成するため出場を見送った海外メジャーの「ANAインスピレーション」(3月31日~4月3日)や「全米女子オープン」(7月7日~10日)に参戦。2月25日からタイで開催される米国ツアー「ホンダLPGAタイランド」を来年の始動に予定する。

「私の上にいる(韓国の)7人は米国でやっている選手。ポイントをもらうには米国で良い成績を取る方がいい」と、世界ランクのポイント配分が高い海外戦に照準を合わせる。一方で「(海外)メジャー、メジャーだけじゃなくて日本で優勝しないとポイントももらえない」と国内ツアーでも勝負には引き続きこだわり、結果として7月時点で「世界ランク10位以内に入りたい」というプランだ。

今オフは年明けから1カ月間の合宿を米国で組む。それまでは「遅い時間まで寝ていたい」と、韓国の実家でじっくり“冬眠”するつもりだそう。(編集部・片川望)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 Hitachi 3Tours Championship




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!