ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太の現在地は?「良い方向に向かってきた」

2015/07/09 19:38

首位と2打差の5位発進。4年ぶりの海外メ 首位と2打差の5位発進。4年ぶりの海外メジャーを前に池田勇太がノってきた!

国内男子ツアー「ミュゼプラチナムオープン」が9日(木)、兵庫県のジャパンメモリアルGCで開幕。6バーディ、ノーボギー、今季自己ベストの「65」でプレーした池田勇太が首位と2打差の6アンダー5位とし、今季から始まった新規大会初日のリーダーボード上位に名前を載せた。

気温27度前後、湿度は90%を超えた午後組のラウンド。息も絶え絶えの様子でクラブハウスに戻ってきた池田だが「先週に続きノーボギーで終えられて、非常に良い初日でした」と、ラウンドを振り返る口調は滑らかだ。

今季は開幕当初から低迷が続いたが、前週「セガサミーカップ」では3位で最終日を迎えるなど、復調の兆しを見せていた池田(最終順位は17位)。「ずっと調子は悪くなかったけれど、スコアに結びついていなかっただけ。この2週間くらいで、ちょっとずつ良い方向に向かってきたと思う」という。

この日はパー3を除く14ホール中、10ホールでフェアウェイをとらえ、パーオン率は100%を記録。4年ぶりに出場する海外メジャー「全英オープン」も次週に迫る中、微妙なズレが生じていた歯車がいよいよ噛み合いつつある。(兵庫県三木市/塚田達也)


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」どんなプロにも、素晴らしいプレーを生み出すクラブセッティングが隠されている。クラブ研究こそ上達の近道か!?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~