ニュース

国内男子HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦の最新ゴルフニュースをお届け

宮里優作 兄・聖志への恩義も胸にホスト大会へ

茨城県の美浦GCで6日(木)に開幕する「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦」に、PGMホールディングスとスポンサー契約を結ぶ宮里優作がホストプロとして参戦する。

4月の国内初戦「東建ホームメイトカップ」で早々に今季1勝目を挙げたが、以降は7回の予選落ちを重ねるなど停滞。ホスト大会を前にしても「調子は、本当のところあまり良くない」と、言葉も湿り気味だ。

<< 下に続く >>

その一因は「アライメントとスイングプレーンが崩れ、コントロールができていない」というショットの不調にある。対して好感触が続いているショートゲームに、いかに1打1打をつなげていくか。「ショットが良くなればスコアは作れる。先週(22位タイ)につかんだものもあるので、今週でうまく?み合ってくれればいい」と期待を寄せた。

主催者への謝意は、スポンサー契約を結ぶ自分1人だけのものではない。昨年シード落ちし、今シーズンは出場資格がない兄・宮里聖志は、主催を同じくする7月開催の下部ツアー「HEIWA・PGM Challenge II~Road to CHAMPIONSHIP」を制し、今週の出場権を獲得。前週に続き、今季6試合目となる兄弟出場が叶った。

「聖志のこともあるし、ご縁を感じる。聖志がいないと寂しいですし、先週は久々に(2人が)出て刺激になった」と宮里。「でも、出るからには聖志より上で終わりたいですけどね」と笑うことができる恩義に、明日からの4日間で報いたい。(茨城県美浦村/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!