ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯の最新ゴルフニュースをお届け

まさかの暗転…小田孔明はまたも勝利の女神に見放される

2014/06/08 17:33


国内男子ツアーの今季メジャー初戦「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」の最終日。首位との1打差を追ってスタートした小田孔明は、自身初のメジャータイトル獲得を狙ったが、通算8アンダーの2位タイ。一時は単独首位に立ちながら、終盤の3連続ボギーで涙をのんだ。

小田は同郷(福岡県田川市出身)の手嶋多一を追いかけ、勝負のサンデーバックナインでチャージをかけた。10番で手嶋が3パットでボギーをたたき、バーディを奪った小田が単独首位に浮上。その後も11番パー5、12番と3連続でスコアを伸ばして一気に引き離しにかかった。

「完全に俺のペースだったし、完璧なゴルフだった」

しかし、単独首位で残り5ホールとなった14番で暗転する。ティショットを左のラフに入れると、2打目は右足がバンカーというスタンスの取りづらいライでパーオンならず。3打目をピン3メートルに寄せたがパーパットを外した。続く15番パー3はティショットをバンカーに入れて目玉状態。2打目は上手く脱出したが、3メートルのパーパットはカップに届かなかった。さらに16番では1メートルのパーパットがカップに蹴られた。まさかの3連続ボギー…。

1打差で食い下がって迎えた最終18番パー5で、最後のチャンスにかけてドライバーを振り切ったが、フェアウェイをとらえられず、レイアップした3打目もピン下5メートルのカラー止まり。バーディトライは「ヘッドが(ボール後方のラフに)ひっかかったのは分かったから止めれば良かったのに…」と、1メートルショートして万事休した。

「自分が最後までちゃんとしたゴルフをしていれば逃げ切れたのに。しかし、メジャーに勝てんねー。メジャーはまだまだ早いってことでしょうね」。昨年の「日本オープンゴルフ選手権競技」に続いて、メジャーの舞台で勝利の女神に見放され、唇をかんだ。

今季の目標を賞金王とメジャータイトル獲得に置いている。小田は「次はツアー選手権でリベンジです」と、2週間後に開催される「日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills」で再びメジャータイトルに挑む。(兵庫県西脇市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯




特集SPECIAL

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。