ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

“5日目の逆転劇”小林正則が初のメジャー制覇!

大会4日目が降雨でサスペンデッドとなり、21年ぶりに月曜日決着となった「日本オープン」(茨城県・茨城ゴルフ倶楽部東コース)の最終日。9アンダー単独首位からスタートした小田孔明と、3打差で追いかける小林正則の最終組2人による事実上の一騎打ちとなり、スタート早々に小田をとらえた小林が、後半で一気に抜き去り、通算10アンダーでメジャー初優勝を果たした。ツアー通算3勝目。

大会“5日目”は晴天に恵まれる好コンディション。2番でバーディを先行し、1番でボギーをたたいた小田の背後に迫った小林は、3番、5番でボギーをたたいたものの、7番、8番の連続バーディですぐに挽回。7番もボギーとした小田と前半で並んだ。10番のバーディでついに逆転。結局、後半は3バーディ、ノーボギーの安定感あふれるプレーで、チャンスメイクに苦しんだ小田を突き放し、力強いガッツポーズとともにうれしいメジャー初優勝をつかんだ。

逆転優勝を許した小田は通算7アンダーで単独2位。通算6アンダーの3位は地元茨城県で大会3度目の制覇を狙った片山晋呉と、キム・キョンテキム・ヒョンソン(ともに韓国)、ジュビック・パグンサン(フィリピン)の4人。通算4アンダー7位には薗田峻輔星野英正スコット・ストレンジ(オーストラリア)の3人が入った。

<4日目>降雨により最終日は順延を決定

茨城県の茨城ゴルフ倶楽部 東コースで開催中の「日本オープンゴルフ選手権競技」最終日、午前8時37分に降雨による一時中断を決めたが、雨足は強まるいっぽうで、回復は見込めず、10時30分の段階で大会競技規定により、最終ラウンドを明日の月曜日に順延することを決定した。

競技再開は21日(月)8時を予定している。12組目までの24名はスタートしているため途中から再開。最終組は10時50分にスタートする予定となった。

なお、競技が5日間に及んだケースは、龍ケ崎カントリークラブで開催された1992年以来21年ぶりとなる。

<日本オープンの競技規定>
※本競技は10 月20 日までに72 ホールを終了できなかった場合は予備日を使用する。また、予備日を使用してもなお72 ホールを終了できなかった場合は競技を短縮する。本競技は“54 ホール終了”をもって成立する。

関連リンク

2013年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~