ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯の最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太は抑えて、耐えて…ガマンの5位発進

2014/06/05 20:30


5年ぶりの大会制覇を目指し、「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」に、所属契約を結ぶ日清食品のホストプロとして出場している池田勇太。大会初日は3バーディ、2ボギーの1アンダー5位タイと上々のスタートを切った。

10番のティショットはドライバーを軽めに振ってフェアウェイをキープ。2打目はピンを狙わずにグリーンセンターに乗せると、10メートルのバーディパットを決めるセオリー通りゴルフが、スタートホールからはまった。

<< 下に続く >>

12番からは向かい風のホールが3つ続いたが、風の影響を受けにくい低い弾道のティショットでフェアウェイキープ。15番、17番と2つのパー3でアイアンショットがブレてボギーをたたいたが、18番パー5は無理せず3オンして5メートルを沈めてバーディ。7番パー5でもバーディを奪ってカムバックし、スコアを伸ばした。

「今日は苦しい場面もあったけど、我慢してプレーできた。このコースの難しさは十二分に感じている。どう堪え忍んでいくかだから」。大会前に“優勝”の2文字を目標に掲げた池田は好位置にも関わらず表情が硬い。

大事な試合を前に、先週、足首を痛めている。「良くなってきているけど、このコースはアンジュレーションがあって…。最後はグキっときたけど耐えた。18ホールよくもってくれたと思う」と、最終9番ではグリーンに上る傾斜で痛みが走ったという。

昨年大会は2日目に途中棄権をしており、今年は4日間戦うことを使命と考えている。これ以上患部を悪化させるわけにはいかない。ホールアウト後は練習もせずに、大事をとって、すぐにクラブハウスを出た。(兵庫県西脇市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!