ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

薗田峻輔、父の故郷で4位タイの好スタート

2012/11/15 17:10


2012年シーズンは先週の時点で賞金ランキング46位と満足のいくゴルフが出来ていなかった薗田峻輔が「ダンロップフェニックストーナメント」の初日に5バーディ、1ボギーの4アンダーをマークして4位タイの好スタートを切った。

「このコースは好きなコースですし、中学生のころからラウンドさせていただいているので慣れてもいます」。薗田の父、俊信さんが宮崎県出身ということで、幼少のころから夏休みには宮崎に遊びにきていた。そしてゴルフに打ち込み始めた中学時代には、父に連れられてフェニックスカントリークラブでプレーするようになったという。

松林でセパレートされ、フェアウェイが広くないフェニックスを難しいという選手が多い中、薗田は「面白いというか攻め甲斐があって楽しいコース」と表現する。もともとストレート系のボールで攻めるよりは、フェード系やドロー系など球筋を変えながら攻めるのが好きな薗田に合ったコースレイアウトになっている。

「林の中に打ち込んだら、どんどん奥まで行っちゃう危険性もあって、松も真っ直ぐに生えているわけじゃないから、いろんなことを考えさせられる。独特な雰囲気が出ているコースなので好きですね」。

この大会は今年で3度目の出場になり、2010年は予選落ちに終わったが昨年は7位タイに入った。「もちろん優勝とかも考えますが、まずは早く2桁の10アンダーまでもって行きたい。最近2桁の壁があるというか、なかなか出せないんですよね。だから早く出したい。そうすれば優勝争いにも加わることができると思うし」。スイングの調子も上がってきて迎えた好きなコースでの戦いは、残り3日間でどこまで伸ばすことができるか。(宮崎県宮崎市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。