ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

ツアープレーヤーたちのちょっと自慢したいハナシ<星野英正>

先週のブリヂストンオープンで、初日3位につけた星野英正が、ちょっぴり自慢げに打ち明けました。

「こないだコーチに言われたんです。アドレスで腹筋、背筋に力をいれてショットしたときの僕のスウィングが、タイガーのスウィングにそっくりだって」

<< 下に続く >>

疲れたり、調子が悪くなってくると、アドレスで上体が下がってしまうのが、もともと星野の悪いクセでした。そのせいで、バックスウィング時に左肩が下がってしまい、切り返しのときにクラブが寝て入り、球が左ばかりに飛んでしまことが多かったのです。

それを先々週の日本オープンでコーチの江連忠に指摘され、さっそく腹筋、背筋を意識してスウィングしてみたところ、「それがすっごく、タイガーに似てるって。・・・もちろん、タイガーとはパワーが全然違うんだけど、それでも悪い気はしないよね!」。それからというもの、気分はすっかり“タイガー・ウッズ”で、「常に自信を持ってプレーできるようになった」と星野はいいます。

地元・仙台から兵庫県・芦屋市に移り住んで今年で3年目。星野が越してきた直後に、偶然、あの阪神タイガースの星野仙一監督も、引越してこられて今やご近所さんです。ボールにプリントされた番号も、監督の背番号と同じ77。残念ながら、日本シリーズではダイエーに敗れてしまった阪神タイガースですが、リーグ優勝は実に18年ぶりのことでした。

今週のトーナメント、ABCチャンピオンシップの会場は、星野の自宅からもそう遠くない兵庫県東条町のABCゴルフ倶楽部です。同姓の星野監督にあやかって、すっかり定着しつつある関西のファンの前で、今季2勝目といきたいところです。

ツアープレーヤー・ミニミニ情報

星野のように、ラウンド中にも、ひとめで自分のものとわかるよう、使用ボールに自分の好きな数字やラッキーナンバーをプリントしている選手は多い。ミスタージャイアンツ・長嶋茂雄さんの背番号をとって『33』を入れているのはジャンボ尾崎。マルちゃんこと丸山茂樹は、元プロバスケットのマイケル・ジョーダン選手の背番号『23』をプリントしている。

先週の大会から、倉本昌弘がボールにプリントした番号は『59』だ。もちろん、9月に勝ったアコムインターナショナル初日にマークしたツアーレコードの『59』を記念してのものだが、それまでは毎年、自分の年齢を入れていたという。

ちなみに、星野の『77』は、星野仙一監督の背番号を取ったわけではなく、自身の生まれ年『1977年』の下2桁をモジったものとか。本人いわく「77をラッキーナンバーとして使うようになったのは、星野さんが監督になる前のこと。僕のほうがずっと先だったんだからね!」・・・確かに、星野が中日クラウンズで念願のツアー初優勝をあげたのも、タイガースのリーグ優勝より約半年も前のことだった。“あやかっている”のは星野ではなく、もしかしたら、星野監督のほうだったのかも??!!

※日本ゴルフツアー機構が発刊しているメールマガジン(プレーヤーズラウンジ)より転載しています。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!