ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

藤本佳則、思い入れ深い舞台で「上を目指してやるのみ」

2012/08/15 17:40


関西で生まれたプロゴルファーにとって、「関西オープン」はやはり特別な意味を持つトーナメントの1つ。奈良県出身の藤本佳則もその1人。「1年を通して、関西でやる試合は少ししかない。ぜひ優勝したいし、上を目指してやるのみです」。開幕を翌日に控えた言葉にも、自然と力がこもる。

18年ぶりにレギュラーツアーに復帰した09年、そして10年と、東北福祉大在学時に2年連続でローアマチュアを獲得している今大会。昨年12月にプロ転向を果たし、今年6月開催の国内メジャー「日本ゴルフツアー選手権 Citibank Cup Shishido Hills」で初勝利という快挙を経て、思い出の詰まった舞台に戻ってきた。

今大会は毎年開催コースが変わるサーキット方式で、今年は大阪府に在する泉ヶ丘カントリークラブ。プライベートでは何度かラウンド経験があるという藤本だが、「その時とは違ってラフが深いところもあるし、フェアウェイが絞られている難しさはある」と、トーナメント用に仕立てられた難セッティングに警戒を示す。「とりあえずドライバーで、2打目でピンを狙えるフェアウェイに置くこと」と、掲げるポイントはティショット。賞金ランキング4位につけるスーパールーキーが、満を持して迎えるホームグラウンドでの一戦で成長の跡を示す。(大阪府堺市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 関西オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。