ニュース

国内男子とおとうみ浜松オープンの最新ゴルフニュースをお届け

惜敗の藤本佳則「必ず近いうちに勝つ!」

国内男子ツアーのプロ転向後、出場最速優勝記録の更新を狙った藤本佳則。「とおとうみ浜松オープン」で初日から3日目まで首位をキープし、ツアー3試合目というスピードで優勝するチャンスを迎えていた。

通算14アンダー、2位に2打差をつけて迎えた最終日も藤本の表情には余裕があった。1番、4番とバーディを奪い、5番パー3でティショットを左サイドの池に入れてしまうが、苦笑いが飛び出す程度だった。

<< 下に続く >>

ところが終盤、難易度の高い15番でボギーをたたくと、16番パー3はティショットを左に曲げながらも3mのパーパットを決めてしのいだ。ところが、続く17番で1.5mのパーパットがカップに蹴られてボギーをたたくとそれまでの笑顔は完全に消えてしまった。

この時点で首位はキープしたものの、1つ前の組でラウンドしているジェイ・チョイ(米国)が通算15アンダーで並んだからだ。最終ホールの3打目、ジェイの単独首位に浮上するバーディを目の前で確認した藤本は、残り60ヤードのアプローチをピン奥4mに止めた。入れなければプレーオフ進出を逃す場面。しかしバーディパットは無情にもカップの右ふちをなめてしまった。

通算15アンダー単独2位に終わった藤本は、肩を落とすこともなくクラブハウスに戻ってきた。「後半も“しびれた”とかはないですけど、最後みたいなゴルフをしていたら勝てませんね。でも、初めて最終日に最終組でラウンドして、どういうゴルフがダメなのかを知ることが出来ましたし、近いうちに必ず優勝のチャンスは来ると思う」と前方を見つめてかみ締めるように話す。

藤本のいうダメなゴルフとは、勝負どころで確実にパットを決められないこと。終盤は3ホール連続でカップに蹴られるなど運にも見放された場面があった。「逃げるのは難しいです。追いかける方が絶対に楽ですね。何打差であれ、今日の逆パターンで逆転優勝をすることも出来るということを知りましたので、次の戦いが楽しみです」。悔しさに涙を見せることもなく、その悔しさをすぐにでも晴らす気概を見せる藤本。ツアー初勝利は、そう時間を要せずに果たしそうだ。(静岡県浜松市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 とおとうみ浜松オープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!