2019/10/12石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament

アマ杉原大河「まさか」の大逆転V 石川遼から祝福も

(パー72) 通算15アンダー首位で終えた杉原大河(東北福祉大2年)が小林伸太郎をプレーオフで破り、国内男子下部ツアー史上3人目となるアマチュア優勝を飾った。5打差の7位で迎えた最終日は「優勝する人の
2019/10/11石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament

杉原大河がアマチュアV 小平智以来9年ぶり/AbemaTVツアー

(パー72) 19歳でアマチュアの杉原大河(東北福祉大2年)が7位スタートから8バーディ「64」で通算15アンダーとし、小林伸太郎と首位に並んでプレーオフに突入。18番で行われた1ホール目をパーとした杉原
2019/11/28カシオワールド

下部ツアーでアマ優勝 杉原“タイガー”の競争心

前の「三井住友VISA太平洋マスターズ」。1973年のツアー制施行後、史上4人目の快挙を遂げた。その約1カ月前には、下部AbemaTVツアーで史上3人目のアマ王者が誕生。杉原大河(すぎはら・たいが)も
2017/03/18

杉原大河が1位で東日本決勝へ/世界ジュニア選手権

杉原大河(徳島・生光学園高2年)が、1アンダー「71」の好スコアで1位となり、東日本決勝大会(4月22、23日、茨城・美浦GC)に進んだ。 同女子は岩井明愛(あきえ、埼玉・川島中2年)が1オーバー
2017/05/19関西オープン

高校3年の“タイガー” 杉原大河が堂々8位で決勝へ

に付けるのは、初日「73」、2日目「67」で通算2アンダー8位の杉原大河(17歳=生光学園高校3年)。フィールドに4人いる“タイガー(大河or泰果)”の1人であり、その中では唯一の予選通過者となった
2016/06/17トヨタジュニアワールドカップ

米国が男女アベックVを達成!日本は女子2位、男子8位

福井高3年)が1オーバーの「72」、杉原大河(徳島・生光学園高2年)が2オーバーの「73」、池田悠希(熊本・秀岳館高1年)が5オーバーの「76」と伸ばせず、この日のチームスコアはイーブンパー。連覇を狙っ
2015/07/15

5部門で日本勢が首位スタート/世界ジュニア選手権

)、女子の清水心結(埼玉・中尾小1年)が首位に立った。 15―17歳の部も健闘をみせ、男子は昨年13―14歳の部を制した杉原大河(徳島・生光学園高1年)がイーブンパー「72」で6位につけ、女子ではシード選手
2015/07/16

畑岡奈紗が首位タイ浮上/世界ジュニア選手権

「71」で回り、通算6アンダーとして首位タイに浮上した。この日5アンダー「67」をマークした小倉ひまわり(東京・日出高2年)が通算3アンダーで4位につけている。男子は杉原大河(徳島・生光学園高1年)が2
2016/06/16トヨタジュニアワールドカップ

米国がアベックVに王手 日本女子は3連覇へ5打差を追う

アンダーまで伸ばし、スタート時点では首位タイで並んでいた2位のタイに11打差をつけ、女子とのアベック優勝に王手をかけた。 日本男子はエース・金谷拓実(広島国際学院高3年)と杉原大河(徳島・生光学園高2年)が
2016/06/15トヨタジュニアワールドカップ

17打差…首位を追う金谷「僕たちなら逆転可能」

頑張った大会初出場の2人、池田悠希(熊本・秀岳館高1年)と杉原大河(徳島・生光学園高2年)が「72」「76」(男子はパー71)で粘れず、岡崎錬(福井工大附属高3年)も「76」。頼みの金谷拓実(広島学院
2019/10/10石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament

小林伸太郎が単独首位で最終日へ/AbemaTVツアー

並んだ。 通算7アンダー7位に今季1勝のキム・ソンヒョン(韓国)、アマチュア杉原大河(東北福祉大)ら7人がつけた。 石川遼の弟でアマチュアの石川航(日体大)は「76」とスコアを崩し、通算2オーバー89位で予選落ちとなった。
2019/11/28カシオワールド

47歳の宮本勝昌が単独首位 石川遼14位 今平周吾は出遅れ

、香妻陣一朗、堀川未来夢、小林伸太郎と並んで5アンダー2位とした。 4アンダー6位に片山晋呉、武藤俊憲、キム・ヒョンソン(韓国)、アマチュアの杉原大河(東北福祉大)、藤田寛之ら8人が並んだ。 賞金
2016/06/15トヨタジュニアワールドカップ

日本女子が単独首位をキープ 男子は6位に後退

スコアを伸ばすにとどまり、7打差の3位。一方、タイ、アメリカと並んで初日3位の滑り出しだった日本は、岡崎錬(福井工業大学附属福井高3年)、杉原大河(徳島・生光学園高2年)、池田悠希(熊本・秀岳館高1年
2019/12/26佐藤信人の視点~勝者と敗者~

地の利で感じたゴルフのポテンシャル

ません。「三井住友VISA太平洋マスターズ」では金谷拓実選手、AbemaTVツアー「石川遼 everyone PROJECT Challenge」では杉原大河選手が優勝と、女子ツアーでの「黄金世代
2016/06/14トヨタジュニアワールドカップ

初出場組の健闘光る 金谷拓実は個人4位発進の安定感

される形式。杉原大河(徳島・生光学園高2年)が2アンダーの「69」(男子はパー71)で個人12位、池田悠希(熊本・秀岳館高1年)が1アンダーの「70」で個人16位と初出場の2人がまずは及第点のプレーで