ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:06/03〜06/06 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

2021年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:06/03〜06/06 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

ゴルフの帝王ニクラスが大坂なおみの言動に私見

◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 事前情報(1日)◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7543yd(パー72)

男子ゴルフのメジャー史上最多勝利数(18勝)を誇る81歳のジャック・ニクラスが1日、テニスの「全仏オープン」で公式記者会見を拒否して大会を棄権、鬱(うつ)を告白した大坂なおみについて発言した。大会前のインタビューで記者の質問に答える形で私見を述べた。

<< 下に続く >>

AFP通信などによると、大坂は「全仏」でメディア活動への参加を拒否し、1万5000ドル(約165万円)の罰金を科され、初戦を終えて大会を棄権した。ゴルフ界の“帝王”として君臨するニクラスは、自身が大会ホストを務めるPGAツアー「メモリアルトーナメント」開幕前、騒動について「正直言って詳しく知らない」という前提で、「ここで話すことを誰も拒否しないよう望んでいる」と、ゴルファーに決められた取材への対応を促した。

現役時代に故アーノルド・パーマーらとゴルフ界の注目を浴び続けたニクラスは、報道と向き合う自身の姿勢について「プレスへの私の視点は、『あなた方(記者)にはやるべき仕事がある』というものだった。できるだけ正直で、素直であろうとした。できる限りの範囲で答えようとベストを尽くした。時には黙っておくべきだったときもあったはず」と明かした。

報道陣に対し「私はあなた方を平等に扱い、あなた方も私を公平に扱ってくれた」と振り返り、「中には(悪いことを考える)ヘビがいるのかもしれないが、ひとつのリンゴが悪いからといって、すべてを非難することはできない」と、取材をシャットアウトすることへの正当性については疑問も呈した。

一方、大坂は棄権した5月31日、鬱に苦しんできたことを自身のSNSで明かしており、ニクラスは「彼女が不安を抱えていて、悩まされているのであれば、あなた方は彼女に負担のないよう必要なことをさせてあげるべきだと思う」と擁護した。「ゴルフにとって大きな問題だとは思わない。彼女は気の毒だと思うし、助けが必要であれば、それがかなうことを願っている」とエールを送った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!