ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

医療従事者らに拍手で男子ツアー再開 選手会は地元自治体に寄付

2020/09/03 15:15


◇国内男子◇フジサンケイクラシック 初日(3日)◇富士桜カントリー倶楽部(山梨)◇7566yd(パー71)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断されていた国内男子ツアーが、1月の開幕戦「SMBCシンガポールオープン」以来8カ月ぶりに再開した。第1組スタート前の午前7時から当地で開幕セレモニーを実施。日本ゴルフツアー機構(JGTO)の青木功会長らのあいさつの後、選手たちは練習の手を止めて、大会関係者、コーススタッフらとともに今も最前線で戦う医療従事者らに拍手を送った。

<< 下に続く >>

今季選手会の会長に就任した時松隆光は、大会主催者への感謝を述べるとともに、「ジャパンゴルフツアー選手会では、今年開催していただく大会の地元自治体に感謝の意を込めてチャリティをさせていただきます」と明らかにした。今大会では山梨県を通じて医療従事者に70万円を寄付する。

また、大会からは特定非営利活動法人ジャパンハートを通じて医療従事者とエッセンシャルワーカーに105万円が寄付された。

大役を終えた時松はセレモニー後、約1時間でティオフ。1バーディ、2ボギーの「72」で回り、1オーバーで初日を終えた。「あのセレモニーできょうのラウンドは終わったような…。セレモニーが一番緊張しました。そこで力尽きたってのは言い過ぎですけど…」と苦笑い。「土日にココでプレーすることが一番大事。粘り強く4日間でのアンダーパーを目指して、一打一打、自分のできることをやろうと思う」と、きょうも実直に語った。(山梨県富士河口湖町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!