ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ウェッジ4本「140yd以内を強みに」石川遼のクラブセッティング/男子ツアー再開

2020/09/01 15:20


◇国内男子◇フジサンケイクラシック 事前情報◇富士桜カントリー倶楽部(山梨)◇7566yd(パー71)

男子ツアーは新型コロナウイルス感染拡大により中断していたシーズンを「フジサンケイクラシック」で再開する。1月「SMBCシンガポールオープン」以来、2年にまたがるシーズンの国内開催初戦。有力選手のクラブセッティングを紐解いた。

<< 下に続く >>

春先に米国で手に入れた小ぶりな1W、「キャロウェイ マーベリック440」をはじめ、石川遼のロングクラブの選択は夏場も落ち着いている。1Wの長いシャフト、コースによって2アイアンに替わる5Wをテストするほかは、シーズン再開戦に向けた大きな変更はなさそうだ。

7月の非公式試合「ゴルフパートナーエキシビション」から3本だったウェッジを、かつての米ツアー参戦時と同じ4本にした。アイアンの並びのモデルだったPWを、48度の「キャロウェイ マックダディ フォージド」にスイッチしたのは、「視覚的にも『ノーメッキのウェッジを持ったら2回で上がるんだ』という自信をつけられるように。48度の飛距離は約140yd。“140yd以下”を自分のストロングポイントにしていかなければいけない」という意識づけが理由だ。

5年ぶりのメジャー出場となった8月の「全米プロ」では、深いラフからの2打目以降をフェアウェイに刻んでからウェッジ勝負というシーンが多かった。フィーリングにこだわり、今夏にようやくマッチした待望の軟鉄鍛造モデル「キャロウェイ JAWS」の60度ウェッジも活躍。「全米プロではパー5で140yd以内に刻んでいいバーディが獲れたり、パー4でも深いラフから100ydに刻んでパーが獲れたりした。140yd以内がひとつ自分の強みになると、コースマネジメントがかなり変わってくる」実感がある。

かつてのロングゲームに練習の重点を置いたスタイルから、長所である短いクラブの精度向上に本格的にシフト。「100yd以内の精度も『全米オープン』に向けて大事かなと思っています」。大会初日に29歳になる9月のメジャーも見据えている。

ドライバー:キャロウェイ マーベリック440(9度)
シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD XC-7(45インチ、硬さTX)
フェアウェイウッド:キャロウェイ:XRフェアウェイウッド(3番13.5度)
アイアン:キャロウェイ マーベリックプロ アイアン プロトタイプ(19度)、キャロウェイ APEX MB プロトタイプ(4番―9番)
ウェッジ:キャロウェイ マックダディ フォージド(48度、56度)、キャロウェイ X フォージド(52度)、キャロウェイ JAWS(60度)
パター:オデッセイ プロトタイプ PT 09 ix
ボール:キャロウェイ クロムソフト X

おすすめ記事通知を受け取る
キャロウェイ
発売日:2020/06/18 参考価格: 99,360円
キャロウェイ
発売日:2018/10/01 参考価格: 24,840円
キャロウェイ
新発想の溝で“鋭さ”がアップ スピン性能はかつてないレベルへ
発売日:2019/09/20 参考価格: 25,300円

関連リンク

2020年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!