ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

秘訣はパー5にあり 石川遼「バーディ率」歴代2位/男子ツアー再開

2020/08/29 07:26


◇国内男子◇フジサンケイクラシック 事前情報◇富士桜カントリー倶楽部(山梨)◇7566yd(パー71)

男子ツアーは新型コロナウイルス感染拡大により中断していたシーズンを「フジサンケイクラシック」で再開する。1月の「SMBCシンガポールオープン」以来の試合で、2年にまたがるシーズンの国内開催初戦。昨季の主要スタッツを振り返ってみた。

<< 下に続く >>

1ラウンドあたりのバーディ獲得率を示す「バーディ率」。攻撃的なゴルフを展開するイメージ通り、石川遼が1位に輝いた。18歳で賞金王戴冠を果たした2009年から3年連続でトップとなって以来8年ぶり4度目のナンバーワン。1987年から12年連続1位だった尾崎将司に続く回数をさらに増やした。

日本ツアーにフル参戦したシーズンでは同部門でトップ3を外したことがない。ギアの進化などもあり、一概に過去と比較できない数字とはいえ、ツアー歴代最高は20年以上前の94年に尾崎がマークした「4.77」。石川の「4.55」はそれに続く記録でもあった。

全体のイーグル率(1イーグルを獲得するために要するラウンド数)はツアーきっての飛ばし屋のチャン・キム(米国)が「5.54」でトップだった。石川が他選手を上回ったのは、パー5でのプレー。バーディ率「0.56」、2オンする確率「21.53%」とも1位。ロングホールでアグレッシブかつ質の高い2打をつなげ、着実にスコアを伸ばした。

<2019年バーディ率上位>
1/4.55/石川遼
2/4.32/ショーン・ノリス
3/4.29/リチャード・ジョン
4/4.22/今平周吾
5/4.19/ガン・チャルングン

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!