ニュース

国内男子バンコクエアウェイズオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 バンコクエアウェイズオープン
期間:06/05〜06/08 場所:Santiburi Samui Country Club Koh Samui(タイ)

甲斐慎太郎は3打及ばず、単独2位で終える/アジアンツアー

タイのサンティブリサムイCCで行われている、アジアンツアーの第18戦「バンコクエアウェイズオープン」の最終日。2位タイからスタートした地元タイ出身のタワン・ウィラチャンが、通算13アンダーとして逆転勝利を飾った。

首位に4打差、通算9アンダー4位タイからスタートした甲斐慎太郎は、この日3バーディ、2ボギーの「70」でラウンドし、通算10アンダーの単独2位で終えた。前半こそ3バーディ、ノーボギーと首位を脅かしていたものの、後半の2ボギーによる失速が敗因となった。「パインバレー北京オープン」、「三菱ダイヤモンドカップ」に続いての2位フィニッシュに、「運とか、あと1つ足りないものがあるのでしょう。そこは自分で見つけて、これからも頑張ります」と甲斐。次戦は、翌週開催の日本ツアー「ミズノオープンよみうりクラシック」への出場を予定している。

<< 下に続く >>

また、母国での勝利を狙っていたプラヤド・マークセンは、15番を終えて通算12アンダーと優勝争いを演じていたが、16番パー4で痛恨のダブルパー(8打)。最終的には通算9アンダーの3位タイでフィニッシュした。

日本人プレーヤーでは、上井邦浩が通算4アンダーの19位タイ。市原弘大は通算4オーバーの51位タイ、塚田好宣は通算5オーバーの57位タイで終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 バンコクエアウェイズオープン

  • 2008/06/05~2008/06/08
  • 優勝:T.ウィラチャン
  • 賞金総額:300,000US$
  • Santiburi Samui Country Club Koh Samui(タイ)



特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!