ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は5位タイフィニッシュ! 「12アンダーは納得です」

「三井住友VISA太平洋マスターズ」最終日を、首位と6打差の4位タイで迎えた石川遼。開幕前から今大会を標準の1つとしてトレーニングを積んできた、その集大成を見せるべく、1番ティからスタートを切った。

1番、2番とバーディ逃しのパーとすると、3番パー5では2打目をグリーン手前に打ち込むものの、ピン手前1.5メートルに寄せてバーディを奪う。しかし、迎えた6番パー5。2日目、3日目と2打目をグリーン手前の池に入れているこの苦手ホールで、ティショットを左の林へ。グリーンエッジまで200ヤード、5Wから放たれた2打目はまたもや池につかまり、このホールをボギー。同じ池に3度も打ち込んだことに、「悔しかったです」と表情を歪めていた。

前半を2バーディ、2ボギーで終え、「前半はパープレーでいい、と思っていました」と、プラン通りに折り返した石川。後半は3バーディ、ノーボギーと伸ばし、最終的にはこの日3アンダー、通算12アンダーの5位タイでフィニッシュした。「12アンダーは納得です。大好きなコースでこのスコアを出せて良かったです。最後の最後までドライバーもアイアンも良いスイングができていたし、僕のゴルフ全体が少し底上げした感じがします」。米国ツアーで活躍した今田竜二とのプレー、ツアーでは初となる単独首位発進など、大きな話題を振りまいた4日間となった。

次週は「ダンロップフェニックストーナメント」に出場を予定。「来週も好きなコースなので、気持ち良くプレーできると思います。まずは100パーセントの状態でプレーできるようにしたいですね」と石川。今週と同様、アーニー・エルス(南アフリカ)やイアン・ポールター(イングランド)ら米国ツアーで活躍するトッププレーヤーとの競演が楽しみだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。