ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

賞金シード争いの明暗!初シード獲得は石川遼含め13人

国内男子ツアーは第23戦「カシオワールドオープン」で、来季のシード権獲得者が決定した。次週最終戦の「日本シリーズ」は、賞金ランキング上位25位までと今季の優勝者、そしてディフェンディングチャンピオンしか出場できないため、ランキング下位の選手は出場することができない。

男子ツアーは賞金ランキング上位70位までにシード権が与えられるが、今年は丸山茂樹中嶋常幸ブラント・ジョーブ(米国)が出場義務試合数に満たなかったため、ランキングでのシードからは除外。したがって、73位までの選手が対象となる。

今週の「カシオ」で滑り込んでシードを確保したのは、プロ2年目の津曲泰弦。今大会21位タイに入り、136万4000円を加算し、通算1,177万3,933円で73位に食い込んだ。先週までボーダーライン上にいたスコット・レイコック(オーストラリア)は今週出場していなかったため、75位に後退しシードを逃した。

また、ボーダーライン上では立山光広が74位につけていたが、最終日にスコアを崩し59位タイで終了。ランキングは変わらず、津曲と79万円の差で、シーズンオフ行われるファイナルクオリファイ(6日間競技)に挑戦することになった。また、今大会初日に単独2位スタートをきった佐藤えいちは、最終的に11位タイに終わり、ランキングは77位に終わった。

今年初めてシード権を獲得したのは、石川遼甲斐慎太郎松村道央貞方章男山下和宏金庚泰、上井邦浩、池田勇太前田雄大エディ・リーハン・リー、中島雅生、津曲泰弦の13人。この中で何人の選手が09年度もシードを確保できるのだろうか。シード権を保持するだけでもタフな戦いが強いられるのは確かだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。