ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

1打差の石川遼、最終日へ向け「100パーセントの状態で臨める」

2008/12/06 18:23


「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の3日目を終え、石川遼が首位と1打差に迫る通算8アンダーでホールアウト。初メジャー制覇に向けて一歩前進し、明日の最終日を迎える。

最近の石川の好調ぶりは、ショットだけでなくパットの上達が大きい。今年の秋口から、パットはジャストタッチを心がけているという石川。「秋からグリーンが速いコースが続くし、それまではあまりパットの練習をせず、感覚的なパッティングだった。そんな甘い考えではやっていけないと思った」と、自宅での練習を含めパットの練習量を増やし、「今まで続けてきて、最後の最後でジャストタッチで打てるようになった」という。

「前半はパットがショート気味だったけど、8番でジャストタッチに打ててから良くなってきた」と、8番で4メートル、9番で2.5メートルの微妙な距離を沈めて連続バーディ。自信を深めたパットを武器に、前半を3バーディで折り返す。この日の見せ場は、12番でバーディ、13番でボギーを叩いて迎えた15番パー3。グリーン右ラフから10ヤードの距離からSWでチップインバーディ! 狙いどころより2ヤード奥に落ち、打った直後は「あっ」と表情を曇らせるミスショットだったが、「入らなければ3、4メートルはオーバーしていたけど、ピンに当たってくれた」という幸運も手伝った。最終的には6バーディ、2ボギーの「66」。最終18番も「アドレスした時に入ると思った」と、1.5メートルのパーパットをしっかりと沈めてのフィニッシュだった。

「今日この位置で終えられたこと、調子が良いことが明日のモチベーションにつながります。明日は何の不安もなく、100パーセントの状態で臨めます」と石川。この日の後半以降に乱れ始めたショットも、ホールアウト後の練習で修正済みだ。明日の最終日、また新たな歴史を刻むことができるか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。