ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

35m/sでもドローで飛ばせる 最新「ロイヤル EZONE」ドライバー登場

ヨネックス株式会社(本社・東京都文京区)は、ベテランゴルファーを対象にした飛距離追求型シリーズ「ロイヤル EZONE(イーゾーン)」から、「ロイヤル EZONE エクストラスペック(Extra Spec)ドライバー」を、4 月下旬より発売することを発表した。

当モデルは、長さを従来の同シリーズドライバーより0.5インチ短い45.75インチ(従来品は46.25インチ)、バランスは軽めに設計されている。高いミート率と軽い振り心地を実現し、つかまりの良い大きな重心角と、楽にボールを上げられる深い重心深度に最適化された。ヘッドスピード35m/s前後のゴルファーがドローボールで飛ばせるモデルとして、既存のヨネックスユーザーだけでなく、新規顧客の獲得を図る。

ヘッドは新次元カーボン素材を複合したクラウンと、ソール部分の溝構造「パワーグルーブ」により、たわみと復元力を強化することで、ミスヒットでも飛距離が出せる構造となっている。また、専用シャフトには大きなしなりと、素早いしなり戻りに優れる2種類のカーボン材を搭載。ボール初速をアップさせるとともに、インパクト時の衝撃を受け止め、ボールを強く弾き飛ばせるシャフトとして、ヘッドの飛距離性能をアシストする。

ヘッド体積は460cc、ロフト角は10.5度。シャフトは、同社製「エクストラスペック専用シャフト」を採用し、硬さ(フレックス)はRのみで重量は38g(クラブの総重量は278g)。価格は9万5000円+税。問い合わせは、ヨネックスゴルフ営業部 03-3833-3526。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!