ニュース

国内女子CAT Ladiesの最新ゴルフニュースをお届け

プロテストトップ合格者 その心情は?

「3試合目で、やっと通れました・・・」。今年のプロテストにトップ合格した倉田珠里亜が、ホッとした表情で胸を撫で下ろした。トップ合格者への“ご褒美”として今季レギュラーツアー14試合の出場権を得たが、「meijiカップ」から2試合続けて予選落ち。そして、今週の「CAT Ladies」2日目を21位タイで終え、自身初の決勝ラウンド進出を決めた。

「周りからも“早く予選を通れ”とプレッシャーをかけられていたので、良かったです」と倉田。母・麻里さんとも、「そろそろ通りたいね」と話していたという矢先、2日目を3バーディ、ノーボギーの「70」にまとめ、ツアーで帯同を続ける母の前で最初の“関門”を突破して見せた。

<< 下に続く >>

毎年、将来のスター候補生たちの誕生に熱い視線が注がれるプロテスト。トップ合格者となれば、メディアやゴルフファンの注目度の高さはケタ違いだ。倉田の話を聞いていて、ふと気になった。彼女たちは、その“称号”をどう受け止めているのだろう。プレッシャーに感じることは無いのだろうか。

2009年トップ合格の吉田弓美子は、自信を植え付けたタイプ。「それまでQTやステップで上手くいっていなかったので、1つの自信になりましたね。プレッシャーになることは無かったです」。その一方で、昨年トップ合格の東浩子は「去年はすごく重圧があった。思うように結果が残せなかったし、プレーしてもマイナス思考ばかりだった」と回顧。しかし、時の経過とともに“称号”との向き合い方は変わっていったという。「振り返った時に、“私は昔はこうだった”と思えるようになった。今では自信になっています」。それを成長につなげられたとき、年間たった1人しか味わえない苦しみは「特権」にもなるのだ。

そして倉田は言う。「私は、そんなにプレッシャーを感じるタイプじゃないんです。(予選通過について言われても)逆に、“通ってやる!”ってプラスに変えられました」。先週、ツアー通算2勝目を挙げた成田美寿々を抑えてのトップ通過にも、「実力では1番じゃないのに、たまたま1位になっちゃった感じ」と、重くは受け止めていない様子。今年のトップ合格者の、マイペースな素顔が窺えるようだった。(神奈川県箱根町/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

関連リンク

2013年 CAT Ladies

GDO パーソナルサービス

GDO パーソナルサービス
選べるモバイルサービス。見たい時にいつでも見れる、GDOモバイルのニュース速報。石川遼オフィシャルモバイルサイト。GDOポイントが貯まる、ゴルファーのためのGDOカード。通常プレーすることができないゴルフ場が予約できるGDOプレミアム倶楽部。GDOが主催するレベル別の競技イベント、各コンペなど、あなたのゴルフライフをサポートとします。



特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!