ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

メジャーを支える裏舞台での戦い

2012/09/07 20:21


雷雲の接近により、14時56分に中断となった「日本女子プロ選手権 コニカミノルタ杯」の2日目。その直後に視界が遮られるほどの豪雨に見舞われ、競技はそのままサスペンデッドとなった。

大会開幕の前日、コースセッティングのアドバイザーを務める岡本綾子は、今年の舞台となるタラオCCの仕上がり具合について「ティグラウンドからフェアウェイ、グリーンまですごく綺麗に整えていただいた」と評価するとともに、コース関係者に感謝の言葉を贈った。しかし、この日の豪雨により、特にバンカーが壊滅的なダメージ。18ホールの大半のバンカーの縁が崩れ、大きな水溜まりが所々に見受けられた。

そして、日も落ちて夜の闇に包まれたコース内。熱い戦いを演じた選手たちと入れ替わるように、タラオCCには総勢30人を超えるコース関係者が各ホールに散った。ナイター用のすべての照明を点灯し、バンカーを中心に修繕作業を開始。今夜、可能な時間まで作業を続け、明日も夜明けとともに再びメンテナンスが開始されるという。

LPGAの中でも最高峰の競技として、歴史と伝統を誇る今大会。表舞台に立つ選手たちも、女子プロの頂点を争うメジャー戦への想いを口々に語る。そしてその想いは、裏舞台から大会を支えるコース関係者たちも同じ。照明に照らされながら、遅くまで作業を続ける方々たちの姿から、そんな無言の言葉が伝わってくる。たくさんの関係者の陰の努力によりゴルフ競技は支えられている。当たり前のことのようで、普段はなかなか見えてこない部分。作業現場を前にして、改めて痛感させられる思いだった。(滋賀県甲賀市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

関連リンク

2012年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。