ニュース

国内女子ベルーナレディースカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

惜しくもプレーオフで優勝を逃した古閑美保!「今回は長かったな~」

2006/06/29 18:00

先週行われた「プロミスレディス」最終日。序盤の3連続バーディで首位に立ち、終盤まで試合を優位に進めた古閑美保だが、最後の最後に藤田幸希に逆転優勝を許してしまった。その古閑美保を「ベルーナレディス」の練習ラウンドで発見!

-「惜しかったね!」

<< 下に続く >>

古閑美保
「先週ねー、ヘコミましたよ!それも2日くらい。美保、今までヘコんでも半日くらいで復活したのに今回は長かったなあ~。それだけ優勝したかったんだろうなー。今年は『勝ちたい!その為には何をすればいいのか?』って考えるようになったんですよ。いままで5年間こんなこと考えないでやってきたのに」

周囲の人にも恵まれているという古閑。「あの不動(裕理)さんだって初優勝まで2位が8回も続いたんだよ」と、師匠の清元プロからも励ましの言葉をもらった。

古閑美保
「神さまが、それだけの試練をこの人間なら克服出来ると思うから与えたんだから。運だよりじゃなく実力で勝利をもぎ取るための試練だって。美保もそれを素直に聞き入れることが出来てきましたね。これも負けたからこそなんでしょうね。他の先輩プロからも色んな意見言ってくれて・・・」

先週の試合を振り返った古閑は、17番パー3でのボギーを「やってはいけないミス」だったと語る。

-「ところで、試合が終わって実家には帰ったの?」

古閑美保
「熊本には帰ってないです。すぐに高崎に来ました。あー、そういえば熊本すごい雨だったみたい!」

地元熊本など九州地方の大雨にも心配りを見せた古閑。この日話し始めたときは、先週の試合のこともあり少し落ち込んでいる表情に見えたが、徐々にいつも通りの美保スマイルが戻ってきた。この2日間で完全に吹っ切れたか、今週も活躍に期待しよう。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 ベルーナレディースカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!