ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

選手の力を引き出すハードセッティング

2008/09/14 18:00

131名の選手が参加した今年の「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」で、4日間の戦いを終えてアンダーパーでラウンドした選手は、最終日最終組の辛ヒョンジュ横峯さくら、申智愛の僅かに3名のみだった。

深いラフに、あごの高いバンカー。落下地点が絞られたフェアウェイと、距離の長いホール設定。そして、待ち受ける砲台グリーン。選手達は方向性だけでなく、縦の距離感も求められ、さまざまなバリエーションのショットも要求された。

最終日、この罠にはまった三塚優子は、8番パー4で「11」の大叩きを演じている。最後まで“何が起こるか分からない”緊張感は、優勝争いを大いに盛り上げたといえるだろう。

普段は通常営業との兼ね合いもあり、これほどラフを伸ばす事は難しいが、今大会は日本女子プロゴルフ協会が主催し、会場となった片山津GCも50周年事業の一環として非常に協力的だった為、これだけの素晴らしい舞台が整った。

やはり、今年の「全英リコー女子オープン」を制した申智愛が、実力を発揮して優勝争いに絡んだが、今大会のコース設定を担当した小林浩美氏は、「彼女の強さは世界の様々なコースで戦ってきてショットのバリエーションが多いこと」と分析する。もちろん、日本人もその素養はある筈だが、そこまでの技術を要求されるのは、現状では稀なことだ。

もし毎試合、このようなハードセッティングで日本ツアーが組まれれば、「全米女子オープン」や「全英リコー女子オープン」などの海外メジャーに日本選手が突然出ても、違和感なく勝負出来るに違いない。そんな希望を抱かせる、印象深い大会となった。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2008年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。