ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

ベテラン中嶋常幸が国内4戦目でシーズンインする理由

ツアー通算48勝で永久シードプレーヤーの中嶋常幸が、19日に開幕する「関西オープンゴルフ選手権競技」で今季初戦を迎える。当初は前戦の4月末「中日クラウンズ」に出場予定だったが、開催間近になり2010年に不慮の事故で痛めた膝の古傷が悪化。無念の欠場を強いられ、予定より3週間遅れでのシーズンインとなる。

練習日にあてられた開幕前日は、長男の中島マサオらと9ホールをプレー。膝の状態を問われると「十分かと言われれば、十分ではないけれど」と前置きした上で、「試合に出られるようになったからね。頑張ってみたいと思います」と快活に答えた。

<< 下に続く >>

ラウンド中には時おり膝をさする素振りを見せてもいたが、61歳から弱音の言葉は聞かれない。「大丈夫だと思えたから来ているからね。ダメだと思えば戻って来なかった。足で棄権をすることはないよ」と言い切った。出場するからには最後までプレーする――。

前戦の「中日クラウンズ」では、JGTO会長となった青木功がツアー最年長出場記録こそ更新したものの、前夜に処置した足の負傷が響いて初日の9ホールで途中棄権。初日にエージシュート寸前の好プレーを見せた尾崎将司も予選落ちに終わるなどレジェンドたちが話題を作った。それもあってか、この日の言葉が示す出場判断基準には中嶋ならではのこだわりがにじんだ。

ニヤリと笑い「ティショットを置いていかれてショックだったなあ」と語ったこの日の長男とのプレーについても、「他の人よりも、息子にされるとガクッと来る。嬉しいって? 嬉しくなんかないね」と、あくまでプレーヤー同士の視点を強調した。

「とりあえずは2日間をメチャクチャ楽しみたい。そしてできれば、4日間を楽しみたいよね」。プロとしてプレーする気概とワクワク感、2つの気持ちを胸にベテランは今季も初戦のスタートホールに立つ。(和歌山県橋本市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

関連リンク

2016年 関西オープンゴルフ選手権競技

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!